FC2ブログ

パチンコの記事 (1/2)

PAスーパー海物語IN地中海の攻略

当たりやすさと確変継続率の高さを兼ね備えたPAスーパー海物語IN地中海を海殺しXで攻略

★甘デジ海物語に斬新なスペックが誕生した。かつての人気ミドル機、スーパー海物語IN地中海が装い新たに甘デジのPAスーパー海物語IN地中海として再登場! その攻略の糸口を探る。

Hot News【規制緩和】パチンコ新攻略2020【内規変更】

☆SANYO復活!


 昨年(2019年)の販売台数ランキングでSANYOの甘デジ(遊パチ)、PAスーパー海物語IN JAPAN2 with 太鼓の達人がナンバーワンに輝いた。これには感慨深いものがある。

 かつて大半のホールを海物語一色に染めたパチンコメーカーのリーディングカンパニー、三洋物産は同業他社の激しい追い上げに苦戦を強いられるようになった。海物語シリーズは常に安定した人気を誇っていたが、2009年にスーパー海物語IN地中海(ミドル機)を出した頃から人気首位の座を他社の機種に譲る傾向が久しく続いていた。

 パチンコ機種の人気ランキングにもいろいろあるが、インターネット上の人気投票などは人為的操作も可能なため、多少疑わしい一面がある。しかし、販売台数というデータは嘘をつかない。

 歌謡曲の世界にたとえれば、電話によるリクエスト回数が胡散臭い有線大賞ではなくCDの売り上げ枚数が選考の決め手となるレコード大賞を受賞したようなものであろう。
PAスーパー海物語IN地中海は甘い大当たり確率と高い連荘継続期待値が魅力

 又、甘デジ機が販売台数で一位になったことに時代の変遷を見る思いである。ミドル機の添え物的な位置付けにすぎなかった甘デジが市民権を獲得し、今では人気面でミドルを凌駕しつつあるように感じられる。

☆PAスーパー海物語IN地中海


 かつての勢いを取り戻したSANYOは返す刀で今後の命運を託した勝負機、PAスーパー海物語IN地中海のお披露目を行った。(ホール導入日は2020年3月1日以降)

 「かつて大人気を博したあの地中海が待望の復活。装いも新たにフルリニューアル」という宣伝文句にSANYOの意地を見る。
甘デジ海物語地中海の連チャン期待値
 前述の如く、実際はスーパー海物語IN地中海の頃からSANYOの独走がストップしたのであるが、その機種を平然と「大人気」と自称し、更にそれを甘デジ化して世に真価を問うという大胆な試みに自信の表れが見て取れる。

 現実には、先代のーパー海物語IN地中海が不人気に喘いだわけではない。ちょうどその頃に同業他社が漸くSANYOに追いついただけである。

 不評に苦しんだハイパー海物語INカリブと並んで、大自信作のーパー海物語IN地中海までもがあたかもSANYO凋落のシンボルのように言われ続けてきた鬱憤を約10年後に晴らそうとしているプログラマーたちの気概に快哉を叫びたい。
スーパー海物語IN地中海新台の感想

 遊びやすい大当たり確率甘デジ海物語史上最大の継続期待値を兼ね備えたPAスーパー海物語IN地中海は間違いなく人気機種になる。画期的なスペックを露骨にアピールする下のPV(3分42秒の動画)にも注目されたい。


(従来のミラージュチャンスに加えて、新演出「地中海ゾーン」を搭載したSANYOの勝負機)

 聞くところによれば、PAスーパー海物語IN地中海は発売直後に即完売となったらしい。おめでとう。

☆時代の趨勢


 パチンコ業界に大激震をもたらした2018年のパチンコ規制の余波を受けて、パチンコメーカー各社は存亡の危機に立たされた。

 規制内容があまりにも厳しすぎる。規制によって出玉性能が大きく抑制された状況下でパチンコファンを魅了する機種の開発は不可能のように思われた。

 しかし、人間というものは苦境に立たされた時に信じ難い力を発揮する。CO2、排気ガスがもたらした大気汚染の問題が深刻化した後に電気自動車(EV車)が開発されたように、今、不安視されている石油の枯渇や原子力発電の問題も巧みな知恵で回避されることになろう。

 パチンコ業界においても2019年の規制緩和確変継続率の上限65パーセントが撤廃されるや否や爆裂タイプの甘デジが次々と登場した。

 ST中、時短中に連荘しない限り、出玉の乏しい単発当たりで終わってしまい、そう簡単にはラッシュに突入しない難易度高めの甘デジではあるが、ひとたびラッシュに入ればST回数やST後の長い時短のお陰で爆連が終わらない未曽有のスペックは大衆を煽った。

 毎年減り続けていたパチンコ人口も微増ながら息を吹き返した。SNSやスマホゲームなどに熱中する現代の若者のパチンコ離れが嘆かれて久しかったが、一部の若者はホールに戻ってきた。かつて熱中したラインやツイッターにも少しは倦怠感を覚えるようになったのであろう。
甘デジ海物語の攻略

 そんな彼らが好んで打つのは高継続が魅力の爆裂タイプの甘デジである。

 昨今は30代、40代に属する人の独身率の高さがよく話題にのぼる。その背景には非正規・短期契約という雇用形態の一般化がある。30歳以上のフリーターも急増した。

 当倶楽部の掲げる理念(パチンコ収入で本業収入を補填してダイナミックな人生を送ること)に活路を求めて、最強攻略法・海殺しXを購入される若い人も男女共に増えてきた。

 このような社会情勢であれば、懐具合が十分とは言えない若者が大負けする恐れのあるミドルを敬遠するのも無理はなかろう。どうせ甘デジを打つのであれば、一撃で爆発が狙える高継続機を選びたいのも頷ける。

 2018年の規制による出玉性能の劣化、2019年規制緩和による継続率上限65パーセントの撤廃を受けて苦肉の策として登場した爆裂タイプの甘デジが時代の主役になるのは無理のない話である。

 しかし、一撃万発が可能な甘デジ機種の攻略は意外と難しい単発当たりが多発するからである。そのような悩みを抱える人々にひとすじの光明をもたらすべく、私は二つの攻略コラムを発表した。(下記参照)

【甘デジ一撃攻略】爆発寸前の台を狙え!

甘デジ高継続機で爆発を狙う攻略法

 上段のコラムは総論的なものであり、そこで解説する攻略手法を爆裂タイプの甘デジに使用する際の詳細を述べたものが下段のコラムである。

 SANYOが勝負を賭けるPAスーパー海物語IN地中海も爆裂タイプに準じる機種である。打つ前に両方のコラムを熟読されることを推奨する。

☆絶妙なバランスのスペック


 PAスーパー海物語IN地中海は通常時の大当たり確率が89.8分の1となっていて、これは甘デジの中でもかなり甘い。さらに大当たりの100パーセントが確変というのも歴代の甘デジ海物語シリーズの伝統を継承している。

 但し、今までの甘デジ海物語シリーズの確変時の大当たり確率よりは低く(32.5分の1)なっていて、その代償にST回数が20回もある。ST中に当たる期待値は従来の甘デジ海物語シリーズよりも高い。しかし、ST中に当たらなければその後の時短はない。ここでバランスを取っている。

☆注目点


 特筆すべきは確変時大当たり確率32.5分の1の状態で20回のSTに挑み、当たりさえすれば、それ以降はST20回+時短80回の地中海チャンス(ラッシュ)に突入することである。

 爆裂タイプの甘デジ他機種がラッシュに入るまでにかなり難易度の高い関門を突破しなければならないことを思えば、スペック上、PAスーパー海物語IN地中海で地中海チャンスに突入する前のハードルは決して高くない。
甘デジおすすめ機種人気ランキング

 甘デジ海物語シリーズの人気を支える安定出玉(大爆発が少ない代わりに好調台は何度も多連荘する)という要素を残した上で地中海チャンスに突入すれば、継続期待値78パーセントという爆裂タイプに近い仕様になっている点がSANYOの天才たる所以である。

 通常の甘デジ爆裂タイプのラッシュ継続率は80パ-セントを超える。大爆発が売り物の高継続機は90パーセントを超える。継続率90パ-セント以上の機種では、好調台が20連荘、30連荘を記録しても驚くに値しない。可もなく不可もない平均的な台でも、いざ連荘となれば、10連荘前後は朝飯前である。

 PAスーパー海物物語IN地中海は準爆裂機の位置付けとなるため、地中海チャンスに突入しても、スペックから判断して、好調台でも10~20連荘が順当なところであろう。

爆発例


 近頃は自分がパチンコを打っているところを録画してYouTubeに公開する人が増えてきたが、そんなユーチューバーの中にPAスーパー海物語IN地中海の爆発シーン(18連荘)を上手に収めることに成功した人がいたので、下にその動画を紹介しよう。(17分5秒の長い動画です。お時間の許す方のみご視聴下さい)

 この動画をアップロードした人はパチンコに関してはド素人である。甘デジこれだけの金額を使っているようでは話にならない。しかし、動画の編集はなかなかうまい。チャンネル登録者は2万人を超えている。

 恐らくパチンコで勝ったり負けたりする動画をアップロードして、YouTubeから広告収入を得ているのであろう。パチンコで稼いでいるわけではないが、パチンコをネタにして稼いでいるとすれば、新種のパチプロと言えなくもない。

 さて、最強攻略法・海殺しXの購入者(リヴィエラ門下生)であれば、この動画を見て、いろいろなことに気づかれるはずである。

 まず最初にこの台が泥沼のハマリに苦しめられた理由・・・
カシオペア攻略術オプショナル商品)のユーザーは見た瞬間にわかる。ハマリを抜ける直前に起こった出来事も。

 この台は体力値(リヴィエラ用語)を溜め込んだ後に一気に爆発した。

 この台はハマリ明けに海殺し Xが教える裏モードイレギュラーBに入った。それがある時を境にサイクル変換が実現した。イレギュラーA変わった途端、突如として爆発が始まった。
サンフラッシュ中心の大当たりは魚群が少ない
 魚群がそれほど出ない代わりに意表を突く当たり方がやけに多かった。通常時ではなく連荘中にウリンチャンスが発生するのも好調台の特徴である。
(詳しくはウリンチャンス攻略の掟参照・・・このコラムに書かれている法則はウリンチャンス、ぶるぶるチャンス、ぽいぽいチャンス等を搭載する海物語シリーズ全機種に適用可。甘デジ、ミドルの違いを問わず)

 又、通常時ではなく連荘中にノーマルリーチからの走り当たりが出て連荘数がますます伸びていく展開もイレギュラーAモードの面目躍如たるものがある。

☆やめ時について 


 この台の大連荘の終わり方もカシオペア攻略術の購入者であれば、「ナルホドね」と十分に納得されたに違いない。打っている人は素人であるが、やめ時だけは正しかった。
貝ステップアップ予告から当たっても特に意味はないが、ミスマリンちゃん背景プレミアムは爆発の可能性あり
 この爆発台がまだ腹一杯でないとすれば、次の当たりはST終了後のリーチ3回以内に発生しやすい。したがって、もう出ないだろうと思っても、3回のリーチを出すまでは打ってみる価値がある。

cf.甘デジ海物語攻略】時短終了時の決断(台移動or続行?)
(タイトルには「時短終了時」とあるが、PAスーパー海物語IN地中海に関しては「ST終了時」と置き換えてお読みいただきたい)

 甘デジの場合、一撃で6000個近くの出玉を獲得した台はその後、全く当たらないというわけではないが、さらに持ち玉を増やしていくような展開にはなりにくい。

 ST終了後(他の甘デジ海物語シリーズの場合は時短終了後)のリーチ3回以内で当たらなければ、しばらくの間は干されると判断すべきである。

 もしこの台を少しも休まずに打ち続けていれば、200回転オーバーのハマリも十分に考えられる。運良くそこまでハマらなくても、次の当たりは高確率で「しょぼい当たり」(単発もしくは2~3連荘)が来て、その後に深くハマる展開が想定される。
海物語地中海評価
 甘デジなのでミドルのハマリ台ほど当たりに見放されることはなくても、減らした玉を取り戻せない期待外れの当たりが何度も続き、その期間中に高確率で同じグループ(ホルコンが数台を束ねて構成するユニット)の他の台が爆発台、好調台に化けるはずである。

 そして、それらの新興勢力に陰りが見え始めた頃に、この台は再爆発する可能性を秘めている。(それまでには相当な時間がかかる)

 パチンコ攻略の要は「おいしい所だけを持っていく」ことに他ならない。
PAスーパー海物語IN地中海ボーダー
 一撃万発の可能性を秘めたPAスーパー海物物語IN地中海をこの動画の主のように何万円も使て爆発させるのではなく、爆発直前の頃合いを見計らって、この台に座るのである。(ホルコン読みに長けたリヴィエラ門下生はこれしきのことを簡単にやってのける)

 そして、爆発後は次の有望台に移動して、再び爆発を狙うのがプロの打ち方である。

 リヴィエラ門下生の中には甘デジ専門で月に20万円以上稼ぐ猛者も多い。彼らに共通するのは一日に複数台の爆発させる立ち回りの巧さである。作戦成功が連続すれば、甘デジで一日に4万円以上稼ぐことも珍しくはない。

(甘デジプロの活躍の一例)

 PAスーパー海物物語IN地中海の好調台は好調サイクル(※サイクルの秘密に関しては、海殺しXのテキストブック参照)を維持している間、何度でも地中海チャンスを迎えることが期待できる。

 具体的には、好調台が15連荘した後に、1回の単発当たりを挟んで、次に10連荘するような展開が予想される。あるいは、好調台が6~8連荘クラスの連荘を好調に2~3回続けるような展開も十分に発生しやすい。

 ここが他の甘デジ爆裂タイプとの決定的な違いであり、これこそがPAスーパー海物物語IN地中海の最大のセールスポイントなのである。

PAスーパー海物語IN地中海の爆発力 連荘期待値

 但し、好調台といえどもホルコン(ホールコンピュータ)でつながれた同グループの台から当たりが出なければ、二度も三度も単発当たりを出した後はハマる恐れがあることだけは覚えておいていただきたい。

良いとこ取り


 結局、PAスーパー海物語IN地中海の最大の魅力は、「通常の甘デジ爆裂期よりも当たりやすく」、しかも、「遥かに連荘しやすい(ラッシュに突入しやすい)」スペックであるという点に落ち着く。

 それだけではない。PAスーパー海物語IN地中海が攻略家を喜ばせる要素は他にもあるが、一般向けの攻略情報はここまでである。ここから先は少々、専門的な話になることをお許しいただきたい。

 攻略論でこれ以上、疲れたくない人は、この先を読まずに地中海料理のレシピにでも目を通していただきたい。

地中海料理を食べてPAスーパー海物語IN地中海を攻略しよう!

 近年の研究で地中海沿岸の料理は大病を予防したり、大病を患う人の致死率を低減させる効果が明らかになった。健康第一である。パチンコにハマりすぎて、健康を害してしまっては元も子もない。

☆ホルコン通の方へ


 PAスーパー海物語IN地中海のもう一つの利点は通常時の大当たり確率の甘さである。最近の甘デジには設定による差があるが、従来の甘デジ機種の通常時の大当たり確率は100分の1弱が大半であった。

 甘デジのシマはバラエティーコーナー(複数機種混在)になっているホールが多い。プロ筋の方々はPAスーパー海物語IN地中海の各台が他のどの機種と一緒にホルコン上の同じグループに入っているかということにも注視していただきたい。

 当たり番(ホルコンが次に当たりを予定する台)を予想する際に他機種とのスペック差は重要なファクターになる。

cf. 【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(前編)
  【新パチンコ攻略】複数スペック混合のシマで勝つ!(後編)
上の二つのコラムは上級者向け。これが理解できるレベルの人はプロ予備軍!)

ワリンチャンスは奇数図柄のシングルリーチで魚群が出て当たるのが好調台の特徴。枠外プレミアム、全回転リーチも好調台に出やすい。図柄スクロールは微妙。

 一般にホルコンは台のサイクル状態を考慮して、好調台を優先的に当たり番に選ぶ性質があるが、特定台だけが他の台を押さえつけて、初当たりを何度も獲得するような展開が続けば、あるタイミングで同グループから他の台を当たらせようとする。

 一つのグループに甲乙つけ難い複数の好調台がある時は、各好調台のそれまでのパフォーマンスの(初当たりの獲得回数、出玉総量等)を見て、どこかで今まで見放していた好調台(厳密に言えば、好調サイクルのまま据え置かれていた台や好調サイクルに変換した台)にお詫びの当たりを入れて、大抵は多連荘を許す。
保留変化予告には注意を。攻略の最大の鍵となる。ペリカン予告が少なすぎる台は要注意。波乗りステップアップ予告にも注目。
 しかし、当たり番候補の各台のサイクル状態やそれまでのパフォーマンスに大差がないケースでは、大当たり確率が甘い機種を優先的に選ぶ性質があるため、PAスーパー海物語IN地中海が大当たり確率(通常時)89.8分の1よりも辛いスペック(例・99.9分の1)の機種と同じグループに組み入れられている場合は、必然的にPAスーパー海物語IN地中海が当たりやすくなる。

 これは飽くまでも台の実力がほぼ同じ場合に、二つの台のうち(時には3つの台のうち)どの台が当たり番になるかという競争において、大当たり確率の甘さは武器になるという意味である。
魚影予告、小魚前兆長予告、マリン仕草予告、魚群探索チャンスを注意深く分析する、
 極論すれば、大当たり確率が99.9分の1(辛)の好調サイクル台と89.8分の1(甘)の通常サイクル台が当たり番を争って一騎打ちをすれば、前者の4勝1敗か3勝1敗が妥当な結果であろう。

 しかし、実力(サイクル状態)に差がなければ、ホルコンはスペックを重視する。企業の求人に年齢に大差がなく、同レベルの職歴、同レベルの学歴の人が何人か応募したとしよう。面接結果にも大差がなかったとする。もしそのうちの一人がコネでもあれば、彼が採用されるのは自然の成り行きである。パチンコも似たようなものである。
ウィンドサーフィンリーチは強力、シロッコリーチ、野菜盛リーチは普通、突サム演出は激アツ

☆地中海は勝ちやすい 


 PAスーパー海物語IN地中海ほど攻略に適した機種はない。攻略の専門知識さえあれば確実に勝てる。

 今、最もトレンディーな甘デジ爆裂機に魅了されながら、なかなか夢の大連荘を実現できず、パチンコ依存症気味になっている人々のフラストレーションを一気に解決する画期的なスペックをSANYOは考案した。

 しかし、スペックが魅力的であるという理由だけでPAスーパー海物物語IN地中海をデタラメに打っても、当然ながら悪い台は悪い台なりの当たり方しかしない。

PAスーパー海物語IN地中海を攻略するには?

 星印が点滅する前出の二つの攻略コラムはもちろんのこと、真剣に攻略に挑まれる方は下記リンク欄で紹介する一連のコラムにも目を通していただきたい

☆パチンコ史の転換期


 PAスーパー海物語IN地中海の出現により、パチンコ新機種開発の流れは確実に変わることになろう。同業他社も類似スペックの機種の開発に血道を上げるようになるものと予想される。

 PAスーパー海物物語IN地中海はパチンコメーカー各社の機種開発の動向に重大な影響を与える試金石となるに違いない。

リヴィエラ倶楽部
佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

関連コラム:
【攻略最適】PAスーパー海物語IN地中海に期待!


ランキングサイトに参加しています。本記事を評価して下さる方は上記テキストリンクの文字上をワンクリックしていただければ助かります。

<当倶楽部紹介>
海殺しX紹介動画


<甘デジ攻略> 
【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密
<海物語シリーズ攻略>

海殺しX、大海物語4で大爆発!

<人気コラム> 
パチンコ攻略法の誤った概念を正す!
カシオペア攻略術の成功事例
海殺しXで借金地獄から生還した人
 T.K氏の不思議な攻略法

<実戦レポート>

(Pスーパー海物語INジャパン2、大海4攻略の秘伝公開) 
当たりやすさと確変継続率の高さを兼ね備えたCRAスーパー海物語IN地中海を海殺しXで攻略
 ☆灼熱の地中海で華麗な攻略を!

スポンサーサイト



パチンコ攻略情報アラカルト

new_baby-2266475__340.jpg

 はじめに

 最強攻略法・海殺しX のユーザーの皆様はご存知のことでしょうが、リヴィエラ倶楽部は当ブログの他に、公式ホームページをはじめ、最強攻略法・海殺しXサロン海殺しX事務局便りといった多数のウェブサイトを運営しています。これらのサイトは連合艦隊を結成して、「海の王者」となるべく海物語シリーズ各機種の攻略を中心に研究発表を行っています。公式HPは主として総論的な情報を発信し、それ以外のサイトは各論的な情報を発信しています。
 
 姉妹サイトから発表したコラムやエッセイのうち幾つかは当ブログの関連性の高い記事にリンクをはっていますので、すでにお読みになられた方々も多いでしょうが、スペースの都合上、さすがに全てを紹介することはできません。
 
 今回は主に姉妹サイトに発表した重要度の高い記事を4つピックアップして、その概要を紹介します。


1.ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)
 

 これは事務局便りに掲載した海物語シリーズ攻略のための突確講座と対をなすものです。「パチンコ攻略というものは時が経つにつれて進化するものである」ということを強調し、各自が構築した攻略理論や攻略技法といったものは常にアップデートを繰り返さなければならないという鉄則について説いています。数年前に登場した突確というシステムがパチンコの歴史を変えたことにも言及し、今の時代、ホルコン(ホールコンピュータ)一辺倒の攻略ではなかなか思い通りにはならないことやホルコン攻略と併用すべき新たなノウハウとして突確の意味を読み解くことの重要性にも言及しています。事務局便りの記事とワンセットでお読みいただきたく存じます。読み物としても面白い部類に入ると思います。


2.【海物語シリーズ】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】
 
 これは海物語シリーズ共通の攻略情報であるいう宣伝の仕方をしていますが、実はここに書かれている内容は他機種にもそのまま当てはまるものばかりです。リーチの2連続、3連続(あるいは4連続以上)が発生した時は次のいずれかの状態であると認識すべきである、という情報がこのコラムの骨子をなすものです。

①ホルコンがその台の属するグループ(ユニット)を当選させていない。
②グループは当選状態にあるが、その台は「当たり番」(次に当たりが予定されている台)ではない。
 

 唯一の例外はスーパーリーチ→ノーマルリーチの2連続です。このパターンのみ、その台をそのまま打ち続けて近い将来に当たる可能性があるわけですが、飽くまでも可能性があるだけであり、必ず当たるわけではありません。むしろ当たらないことの方が多いといえます。その他のパターンの連続リーチが発生した場合は連続回数、リーチの種類(ノーマルorスーパー)を問わず、あらゆる組み合わせにおいて高確率でその台の属するグループは当選していないか、当選していたとしてもその台は当たり番でないため、しばらく休憩を入れるべきです。このような休憩を頻繁にとるかどうかで投資額に雲泥の差が生じます。
 
 海物語シリーズの場合、悪いパターンの連続リーチが出た後、例外的にそれほど待たずに当たるとすれば、ノーマルリーチからの当たり(走りもしくはピタ止まり)、突確当たり、一発告知を伴った当たり、レッツマンボー、レッツシーザー、ガオガオチャンス、ウリンチャンスといったイレギュラー系の当たりで当たることが大半です。時にはプレミアム演出による当たりもあります。
 
 いずれにせよ、例外現象が起きるとすれば、なんらかの形で想定外の不思議な当たり方をするものです。特にハマリ台が当たる時は「当たり番ではありませんよ」という悪いサイン(※最強攻略法・海殺しXのテキストで解説する不調サインも含む)が呆れ返るほど出た後、突如として意表を突いた当たり方をすることが非常に多いのです。大人気コラム、スーパー海物語IN沖縄4 チャンス目の秘密でも紹介した「チャンス目の連続からリーチに発展して当たらない」という不吉な兆候をはじめ、ありとあらゆる悪いパターンを出し尽くした後に思いもかけぬ時に不意に当たるのがハマリ台の当たりに見られる顕著な傾向です。
 
 悪いパターンの連続リーチが出た後に例外的に当たるとすれば、その後の10回転以内に当たることが統計上、最も多いことが判明していますので、休む前に取りこぼしを防ぐ意味で10回転程度は回した方が無難でしょう。
 
 このコラムの攻略情報は極めて重要度の高いものです。この知識の有無は収支に多大な影響を与えます。詳細につきましては、リンク先にアクセスして何度も熟読して下さい。ちなみに、このコラムはアクセスが急上昇しており、最近、発表したコラムの中では、次に紹介するコラムに次ぐ勢いがあります。
 
 なお、リンク先のコラムでは海物語シリーズを題材に解説していますが、他機種において悪いパターンの連続リーチからほどなくして当たる時は、機種にもよりますが、レアもののスーパーリーチからの当たりが最も一般的です。たとえば、エヴァンゲリオンであれば、「使徒襲来」予告、金保留予告、役物発動といった「これが出ればほぼ当たる」というようなリーチからの当たりになります。

 海物語シリーズと他機種との大きな違いの一つに、海物語シリーズではどのリーチからも当たりが見込める点があげられます。最も信頼度の高い魚群予告ですら当たる可能性を低めに設定している代わりに、ノーマルリーチで当たったり、なんでもないスーパーリーチから当たったり、時には当たりの位置を通過したまま動きが止まらずに突確になったりします。又、全く魚群が出ないのでイライラしていると、突然、一発告知が鳴ることもあり、とにかく打ち手の裏をかく心憎い演出で打ち手を驚かせます。


 一方、他機種においては、「この程度のリーチは、強力な予告を伴わない限り当たることはまずない」と打ち手の予想通りの展開に収まってしまう単調さが目立ちます。特に花の慶次シリーズは単調極まりないものです。【攻略指南】CR真・花の慶次(※花の慶次シリーズ全機種でほぼ適応可能な攻略情報)でも触れたように、特定のスーパーリーチ以外では当たりが期待できないというなんともつまらないゲーム性になっています。


 最強攻略法・海殺しXのコアな部分は機種を問いませんが、やはり、諸現象を通じて台の調子が読みやすい海物語シリーズを私どもは推奨します。


3.【沖縄4攻略】海物語シリーズ確変ダブルリーチ(1x9)の秘密


 これは当ブログから発表したコラムです。すでにお読みになられた方も少なくないでしょうが、海物語シリーズの攻略において、タコ(1)とカニ(9)のクロスリーチに秘められた暗号を読み解くことは基本中の基本といえますので、少しだけ補足させていただきます。


 タコとカニのクロスリーチは流れが変わる時によく出ます。このリーチが出てからすぐ当たることもあれば、このリーチを境に急に悪い展開に入ってしまうこともあります。特に泡なしで(あるいは、泡に相当するものなしに)このクロスリーチが頻繁に発生する台は高確率でハマリ台です。しかし、ハマリから抜け出す時もこのタコとカニのクロス―リーチが来ますので、タコとカニのクロスリーチが吉報なのか凶報なのかは素人にはわかりません。


 最強攻略法・海殺しXのユーザーの方はテキストに記載されている好調サイン、不調サインを思い出して下さい。良い台がサイクル転落をする時はタコとカニのクロスリーチが出た後、不調サインが頻出するようになります。逆に今までほとんどスーパーリーチもかからず退屈な展開であった台がタコとカニのクロスリーチが発生してからコンスタントに複数の種類のスーパーリーチが出るようになれば、大抵の場合、最強攻略法・海殺しXが教える好調サインも頻繁に発生するようになります。このような状況変化に鋭敏に反応して、今打っている台を潔く捨てるか同じ台で何度も休憩を挟みながら粘るかの判断をするのです。


 このような地道なことが実行できてこそプロなのです。パチンコ攻略法詐欺で悪名高い偽攻略会社の宣伝に登場するプロは黒いサングラスをかけ、男のくせに胸にアクセサリーをつけていて、如何にもギャンブラー風のいでたちをしています。こういう写真を見ると、パチンコのプロは毎度のように千円か二千円の投資で当たりを発生させ、そのまま大爆発させているようなイメージが先行しがちです。高級マンションに住み、高級車を乗り回しているようなイメージを思い浮かべる人も少なくないでしょうが、こういうのは全て幻想なのです。実際のパチンコ攻略はそれほど安易なものではありません。私どもも千円、二千円で爆発に成功する時もありますが、これを毎回繰り返すのは到底不可能です。


 このコラムでは「泡付きの(あるいは泡に相当するものを伴った)タコとカニのノーマルリーチが出現して3と4の中間で停止すれば、その後の60回転が勝負」(当たることがある)と書きましたが、数あるリーチ目情報の中でもこれは当倶楽部の専売特許的な攻略情報といえるでしょう。有名な339、337に匹敵する期待度の高さがあります。


 このコラムには最強攻略法・海殺しXの購入者以外の方々(プロもしくはプロに準じるパチンコ攻略研究家)からも反響があり、ある人からはこんなメールをいただきました。

(前略)・・・1×9リーチで3・4が止まると60回転が勝負だとブログに書いてあったけどこの間これに遭遇して20回転ほどで大当りしました。ブログ通りだったのか偶然だったのかはわかりませんが確かに粘る価値ありそうです。ありがとうございます!・・・(後略) 



 この人は甘デジの海で一か月に約10万円稼いでおられるそうです。甘デジで一か月に10万円というのはミドル機で一か月に30万円稼ぐのと同じ技量が要求されますのでプロと称しても過言ではないでしょう。特にこの人は出目の読み方に滅法詳しく、出目に関しては私どもよりも豊富な知識がありそうです。そんな人から高いご評価をいただけたことは非常に光栄なことでした。 この人とは何度もメールのやりとりをして攻略情報の交換をしましたが、最も感銘を受けたのはパチンコに対する考え方ででした。こんなメールもいただきました。

(前略)・・・常連のじいさんばあさんがパチンコを打つ際の資金は年金だと思います。現役のとき何十年と年金保険料を払ってきたものを何の対策立てずにパチンコに向かい簡単にドブに捨てるとは人生の後輩としては絶句ものです。ホールに行くと話し相手が居るからコミュニケーション目的という話も聞いたことありますが毎日開店から閉店までホールに居ると金銭感覚が狂ってしまうのですかね…(中略)
以前知らない客のじいさんから出した玉は交換するな!それで遊ぶものだと真顔で言われたのはただただ驚きました
こういうお客もいるんだなあと。

そういえばホールのトイレ等にパチンコ依存症の電話相談とか最近ホールに申告してある一定の投資額に達したら店員さんが教えたりする制度があるみたいですね。ホールも責任を感じてるかもしれませんが責任取れない客には呆れてしまいます。・・・(後略) 

 

 まさに同感です。単なる暇つぶしにパチンコを打つのはお金の浪費以外のなにものでもありません。ゲームセンターで遊んだ方が遥かに安上がりです。それでも、パチンコにこだわるのはデタラメな打ち方をしている人でも「いつかは今までの負けを取り戻せる日が来る」と信じているからでしょう。しかし、悲しいかな、山勘だけを頼りに台を選んでいる限り、その日は永遠に訪れません。

 ちなみに、このコラムは一般のパチンコファンが喜びそうな内容をテーマにしたためか最近のコラムの中では最大のヒットを記録しました。アクセス数は大爆発しています。 

4.【甘デジ一撃攻略】爆発寸前の台を狙え!

 海殺しXを甘デジの攻略に使用するために開発された新攻略技法です。経験者は痛感されていることでしょうが、甘デジは良い台でない限り、何度も当たりはしますが出玉の蓄積がが難しく、当たり続けながら猛烈なスピードでお金がなくなっていくものです。

 この悩みを解消するには、お座り一発で当てて多連荘、爆発を実現させるしかありません。そのためには専門的な攻略知識とテクニックが問われます。甘デジファン必読のコラムです。

5.甘デジ高継続機で爆発を狙う攻略法

 上のコラムの応用編です。2018年に実施されたパチンコ規制以降、がんじがらめの状況下でパチンコメーカー各社は魅力的な遊技機の開発に苦心しましたが、確変継続率の上限65パーセントが撤廃されたことを機に爆裂タイプの甘デジが続々とデビューするに至りました。単発当たりが頻繁に生じる代わりにST中もしくは時短中に当たりさえすれば、高継続率がものを言って、とてつもない爆連に入りやすい機種のことです。

 このようなスペックに仕上がった甘デジ高継続機が今のパチンコ人気を支えています。大爆発も夢ではない爆裂タイプの甘デジ各種を打ち、単発当たりを回避してラッシュに突入するためのテクニックを解説します。

6.【規制緩和】パチンコ天井攻略2020【内規変更】

 天井時短によって大きく変わるパチンコのゲーム性を見据えた新しい攻略ノウハウの紹介です。予め自分の台を時短状態にスタンバイさせておき、機が熟した時を待って行うウルトラ速攻法危険領域速攻法(オプショナル商品、カシオペア攻略術にて解説)が提案されています。規制緩和の隙を突いて攻め込みましょう。

パチンコを取り戻す!自由海物語党

 最後に紹介させていただくものは公式HPで発表したコラムです。今では非常にわかりにくい場所に隠れているため、改めて紹介する必要を感じました。恐らく最強攻略法・海殺しXの購入者でもまだこのコラムをお読みになられていない人は少なくないはずです。コラムのタイトルは自民党が政権を奪還した時の選挙キャンペーンで用いた「取り戻す」というコピーをパチンコに応用したものです。決してパロディーではありません。

 先程の話に戻りますが、パチンコファンの大半は今までにパチンコで負けた分を取り戻したいという一心でパチンコを打ち続けています。しかし、なんの知識も持たずにいい加減な打ち方を続けている限り、取り戻しに成功することは絶対にありません。

 しかし、裕福な方であれば、お金は取り戻せなくてもよいのです。年収一千万円の人がパチンコで一年に200万円ほど浪費しても痛くも痒くもないでしょう。しかし、お金以外にも取り戻さなければならないものがあることに気づく人はほとんどいません。それは「時間」と「信用」です。「時間」は誰でも理解できるでしょうが、「信用」にはピンと来ない人が多いでしょう。詳しくはリンク先のコラムをお読み下さい。

 このコラムではパチンコにハマって友人との約束をドタキャンした人の例が出ていますが、これは飽くまでもパチンコ依存症の人の一側面にすぎず、実際はもっと深刻です。

 パチンコで必死に稼ごうと思う人はパチンコが生活の中心になっています。そのために、常にパチンコを第一に考えるる習性が体に染みついています。次第に社交性が薄れてゆき、人と会うことが億劫になります。そういう時間がもったいないと考えてしまうからです。知らぬまに新聞や雑誌も読まなくなり、テレビのニュースも見なくなり、ふと気づけば世の中の動きに全くついてゆけない人間になってしまいます。

 常に負けが先行しているため、少しでも時間があれば、パチンコを打って今までの負けを少しでも減らしたいという一心になっているわけです。連日のように長時間にわたりパチンコを打っていますと、得体の知れない疲労感が全身を襲うことになります。このようにしてパチンコ依存症の人たちは徐々に生気を失い、人間的な魅力を欠いた人物に成り下がります。本も読まず、他の趣味も持たず(厳密に言えば、他にも趣味があるにもかかわらず時間の関係でそれを楽しむことすらできなくなり)、ただひたすらにパチンコを打つ人は自分のことを考えるだけで精一杯です。友人や知人を助けるような精神的余裕はなく、いつも自分のことだけを考えて生きています。想像とはいえ、当たらずとも遠からずでしょう。

 以前、私は週刊誌でパチンコ依存症に陥った人たちを取材した記事を読んだことがあります。意外に思えたのは、パチプロを目指して失敗し、負けた分を取り戻すためにやめられない人というのが多かったことです。その後、私は実際にパチンコ依存症の人と出会い、何度か食事を共にしながらいろいろな話を聞かせていただく機会を得ました。週刊誌の記事と自分自身の聞き込み調査の二つをベースに本稿を執筆していますので、この状況分析には些か自信があります。

 リンク先のコラムはパチンコ中毒者を想定して、少しでも立ち直りのお役に立てればとの願いから発表しました。私のコラムの読者の大半は普通の人でしょうが、少しでもパチンコに熱中している人たちであれば、多かれ少なかれ、パチンコ依存症の人たちの特色を帯びているものと思われます。

 最強攻略法・海殺しXは誰もが思い描く理想のパチンコライフの実現のために考案したものです。お金と時間と信用を失わないためにも・・・ 

リヴィエラ倶楽部 
佐々木智親(最強攻略法・海殺しXの開発者) 

<推奨コラム>

海殺しX購入者から舞い込んだ感動メール

social-1206612__340.png

推奨コラムパチンコ勝ち組への転身~縦横無尽に攻略法を駆使する!
 
 長年にわたりパチンコ攻略情報(最強攻略法・海殺しX)の販売を行っていますと、一部の顧客とはユーザーサポートを通じて懇意な関係になります。最初はパチンコの攻略に関する質疑応答でも、何度もメールを交わしているうちに、パチンコとは無関係な話に発展することもあります。<今回、紹介するEさんもそんな顧客の一人でした。

 しばらく連絡が途絶えていたのですが、久々に強烈なインパクトを伴うメールが来ました。私はすぐに事務局便りを更新して、その全文を紹介させていただきました。(下記参照)

若い女性から届いた泣けるメール

 恐らくこれを読んで感動するのは私だけではないはずです。詳しい内容はリンク先をご覧いただくとして、概要を記しますと、結婚してパチンコを打つ機会も打つ時間も減ってしまったEさんという人が必然的に最強攻略法・海殺しXで稼げる収入が減ってしまったにもかかわらず、今の自分がとても幸せであるという内容です。海辺の病院でのエピソードや夫婦愛が胸に迫ります。

 私は日頃から最強攻略法・海殺しXの購入者の皆様にはEさんのような価値観を持ち、この攻略ノウハウとの出逢いが幸せな人生を切り拓くものになってほしいと願っています。私を褒めている部分がり、その気恥ずかしさゆえ、紹介することに躊躇いもありましたが、若くして人生の達人となられたEさんの生きざまを皆様にも紹介したいという衝動を抑えることができませんでした。

 ささやかな幸せが実ははかりしれない幸せであり、日常の中に転がっている何気ない幸せに気づくことのできる感受性の有無が人を幸せにもすれば欲求不満にもすることをEさんのメールは教えてくれます。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(最強攻略法・海殺しXの開発者)

注目記事:海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学

推奨コラム:総合攻略ノウハウとしての海殺しX

New→海殺しX、大海物語4で大爆発!

<当ブログの人気コラム>
パチンコ攻略法の誤った概念を正す!~本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

最強攻略法・海殺しXの公式HP:スーパー海物語IN沖縄4、ジャパン攻略の秘伝公開

人生が変わる
憐れみの太陽がわたしたちの上に昇る・・・ 









「ウルトラ速攻法」を極める!

ウルトラ速攻法  
  オプショナル商品の「カシオペア攻略術」を別格とすれば、最強攻略法・海殺しXの戦術の中で購入者に最も人気があるものは、やはり、ウルトラ速攻法です。当倶楽部の開設以来、皆様から寄せられるメールの約1割はウルトラ速攻法に関するものです。大勢の皆様の耳目を集めていることは、開発者にとってこのうえなく光栄なことです。

 このたび、ウルトラ速攻法の本来の趣旨を明示した上で、ウルトラ速攻法の成功率を上げるアドバイスをまとめた記事を海殺しX事務局便りに発表しました。最強攻略法・海殺しXをご購入された方々には必ず目を通していただきたい内容となっております。この記事からパチンコの原理の一端が見えてくるはずです。又、パチンコに要領よく勝つために必要な考え方も見につくものと思われます。下記の記事の熟読を推奨させていただく次第です。

「ウルトラ速攻法」詳解

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親 (最強攻略法・海殺しXの開発者)

★推奨コラム:海殺しXと夢
海殺しX 
     

【大海4 沖縄4攻略】海物語S確変ダブルリーチ(1×9)の秘密

海物語シリーズの攻略を好調台と不調台の識別で
大海物語4攻略→海殺しX、大海物語4で大爆発!

甘海史上最高継続率
PAスーパー海物語IN地中海攻略

【概要】海物語シリーズ攻略の極めて重要なファクターの一つに1と9のダブルリーチがある。魚群の有無を問わず、1で当たるのと9で当たるのとでは雲泥の差がある。このリーチがノーマルリーチとして発生した台は近い将来にスーパーリーチが多発することもあれば、しばらくハマることもある。同様に、このリーチがスーパーリーチとして発生した台は近い将来に当たることもあれば、ハマってしまうこともある。本稿では海物語シリーズに特有の確変ダブルリーチに秘められた深遠な法則を解き明かす。

このコラムはスーパー海物語IN沖縄4が主流の頃に発表されたものですが、海物語シリーズに搭載される根幹プログラムは同じですので、ここに書かれている確変ダブルリーチの法則はPスーパー海物語IN JAPAN2、大海物語4、大海物語4 BLACK、Pスーパー海物語IN沖縄2、ドラム海物語IN沖縄、ドラム海物語IN沖縄桜バージョン及び一連の甘デジ海物語シリーズに至るまで海物語シリーズ全機種の攻略に通用します。

スーパー海物語IN沖縄4が大ヒット!

 本稿を執筆している時点において、巷では
スーパー海物語IN沖縄4の人気が爆発している。スーパー海物語IN沖縄シリーズは不動の人気機種であり、SANYOの切り札と言ってよい。海物語、新海物語を経て登場したスーパー海物語がSANYOを黄金時代に導いた。そして、スーパー海物語にアレンジを加えたスーパー海物語IN沖縄が更なる人気を呼び、それ以降は沖縄だけで別個にシリーズ化された。スーパー海物語IN沖縄シリーズは大海物語シリーズと並び、非常に攻略に適した機種である。(特に後述する海殺しXとの相性 )
                            
人気の発端

 そもそもスーパー海物語IN沖縄4のヒットも元を正せば、デジパチ黎明期に鮮烈なデビューを飾った海物語(初代)の大人気に遡る。
海物語の歴史を解説
 今の感覚で見ると、初代海物語のどこが楽しかったのか理解に苦しむが、現在のデジパチのように多彩なスーパーリーチや工夫を凝らした演出が存在しなかった当時、初代海物語には得体の知れない魅力が潜んでいた。 海物語を打つことが秘境を探検するような魅力となっていたのである。

 はじめて海物語を打った人はリーチと同時に発生する魚群に度肝を抜かれたに違いない。以降、魚群は海物語シリーズには欠かせぬ定番の演出となった。

 そして、同業他社までが恥も外聞もかなぐり捨てて、SANYOの真似をし始めた。魚の代わりに人の群れが走ったり、動物の群れが走ったりする演出を他機種でよく見かけるが、いずれも魚群ほどの鮮やかさはなく二番煎じの印象は拭えない。
thumbnail_blackbox_open.jpg
 SANYOは才気溢れるメーカーである。初代海物語ではリーチがかかってからいつもよりも早く停止して、「おやっ?」と思った途端、突然図柄が走り出して当たるという演出(走り当たり)も当時は大いに打ち手を驚かせた。同様に半コマずれから突進もしくはバックして当たる演出も当時としてはかなり斬新なものであった。このシンプルな演出もその後の海物語シリーズ各機種において継承されている。

 最も人心を煽った演出

 
前述の演出は今でこそ誰もが慣れっこになっているが、他のメーカーの機種には見られないセンスの良さが光っていた。
海物語の人気の背景
 これらの演出が海物語を一番人気の機種に育て上げ、どのホールも海物語だらけとなった。

 最近、パチンコを始めた人は驚かれるかもしれないが、当時は全体の3分の1以上が海物語で埋め尽くされていたホールも珍しくなかった。海物語のシマは超満員で他機種のシマはガラガラという状況もごく一般的な光景であった。

 
海物語人気を不動のものにした要因はもう一つある。それはダブルリーチ(クロスリーチ)の存在である。
海物語シリーズが人気機種になった背景
 今でこそ他機種においても極めて一般的なダブルリーチというものに最近のパチンコファンは少しも驚かないが、デジパチ全般がまだ単調なゲーム性しか持ち合わせていなかった時代に海物語のダブルリーチは打ち手を興奮させるのに十分であった。確変で当たるか単発で当たるかとドキドキする実にウブな時代を人々は生きていた。

 
 ダブルリーチの中でも1×9のリーチ(確変ダブルリーチ)は打ち手の興奮を極限まで高めた。これは9と1の間に4(裏ザメ)というなんの脈絡もない図柄を設けることにより成立する。こういう発想がSANYOの天才たる所以である。ましてや1x9リーチにマリンが登場してスーパーリーチに発展した場合、あるいは、魚群まで出た場合、どちらで当たっても確変なので、この時代のパチンコファンはこれだけで熱狂していた。まだ 攻略法などがインターネットを通じて世に出回る前の時代の話である。
renai_koi_moumoku_woman.png
 その後、次々と登場した海物語の後継機が軒並み好調であったのは、初期の頃に編み出したこの確変ダブルリーチに依るところが大きい。

パチンコ攻略の真髄


 初代海物語はパチンコ史の過渡期に登場した。ハネモノ人気がピークを過ぎ、デジパチ時代の幕開けとともに颯爽と登場した。
海物語の出現によってデジパチ攻略、ホルコン攻略が生まれた。

 デジパチの出現に従来のパチンコ攻略家は大いに戸惑った。今までに培った釘読み技術などが攻略の本質的な要素ではなくなり、同じ図柄が揃わない限り決して勝てないという新しいゲーム性に強烈なショックを受けた。

 デジパチ全盛の時代になると、釘読みやハンドル(ストローク)調整のようなアナログ的な攻略は次々と姿を消していった。ボーダー理論はこの時代に登場したが、本質的な意味において攻略法とは言い難い。アナログ的な攻略に代わって新たに台頭してきたのはホルコン(ホールコンピュータ)攻略であった。私も時代の流れに乗り遅れまいとホルコン攻略の研究に心血を注いだ。
海物語の攻略に明け暮れた日々が海殺しXを生んだ。
 しかし、ホルコン攻略は劇的な収支の向上をもらたす一方、何かが欠けていて、ホルコン攻略オンリーでは安定したパチンコ収入を得ることは難しかった。ホルコンを利用した攻略を基軸にしつつも、それに何かプラスアルファを加えなければならないという思いが海物語との出逢いにつながり、海物語シリーズに秘められた数々の法則の解明ホルコン研究の成果とドッキングする形で最強攻略法・海殺しXの完成を見た。
新攻略法の完成に乾杯
 敏感な人は薄々感じていることであろうが、海物語シリーズには数々の法則が存在する。それらの法則の一つひとつが攻略の道標となり、同じ台で粘るべきか、他の台に移動すべきかの判断を助けてくれる。これが投資の節約に大いに役立つのである。

 パチンコ攻略の二大要素は①当たった後にどれだけの出玉を獲得できるかということと②当たるまでに如何に投資をセーブできるかということである。①と②は重要度において完全にイコールである。わかりきった話とはいえ、これこそが攻略の真髄である。

 法則の解明が投資の節約を可能にする。今回のコラムで解説する海物語シリーズ確変ダブルリーチの法則は海物語全機種に共通して見られる幾多の法則の中でも極めて価値の高いものである。何故ならば、応用範囲が広いからである。海物語攻略の基本中の基本と申しても過言ではない。

 前置きが長くなった。海物語シリーズの攻略に挑まれる方は以下の攻略理論を心して読み、実践に生かしていただきたい。
海物語シリーズ攻略の理論と実践
1(タコ)と9(カニ)の重大な違い

 さて、ここから先は攻略に直接かかわる情報を提供する。(※スーパー海物語IN沖縄4以降も次々と海物語シリーズの新機種が出ているため、一部、加筆したことを予め断っておく) スーパー海物語IN沖縄4に限らず、
海物語シリーズ全機種に共通する特徴を記す。
study_juyou.png


 どちらで当たっても嬉しい1×9の確変ダブルリーチであるが、
1で当たるのと9で当たるのとでは大きな違いがあることを知る人はほとんどいない。いつも申し上げているように、海物語シリーズには一定の法則がある。しかし、法則通りの展開になるのは全体の約70パーセントであり、約30パーセントは法則破りの展開となることを常に留意されたい。

 単刀直入に言う。
1×9の確変ダブルリーチが来た場合は1で当たることを祈ろう。好調台、爆発台は通常時、確変時、時短を問わず、1×9のダブルリーチが発生すれば、ノーマル、スーパーを問わず、1で当たるパターンが一般的である。この情報を「オカルト」などと蔑み、一笑に付す方はしっかりと統計をとってみてほしい。 (例外的なケースも存在するが、基本的に海物語シリーズで勝てる台、好調台は確変ダブルリーチが1で当たることに最大の特徴がある)

hikouki_gumo.png
  好調サイクル(詳しくは最強攻略法・海殺しXのテキスト参照)に突入している台(いわゆる好調台)は1×9の確変ダブルリーチの大半が1で当たる。このようなプログラムが海物語シリーズのプログラムに仕組まれているのである。初当たりが1×9の確変ダブルリーチで生憎、9で当たってしまった場合は約70パーセントの確率で連荘はあまり続かない。(※但し、その後、突確を除いて4連荘以上した場合は30パーセントの例外の可能性あり)

 確変中に1×9の確変ダブルリーチが来た時も同様である。
めでたく1で当たれば、そのまま爆発したり、好調な数珠連(初当たりが何度も来て、しかも多連荘が中心)が期待できる。但し、爆発するかどうか、好調な数珠連が実現するかどうかはホルコン(ホールコンピュータ)が数台を束ねて構成するグループ(ユニット)の強さとグループ内の台の稼働率に大きな影響を受ける。 
法則を利用した海物語攻略
 もう一つ注意しなければならないことがある。幸いにして1で当たったとしても、それが1×9のノーマルリーチから走って当たったり、ピタ止まりで当たった場合は最強攻略法・海殺しXのテキストで解説する「裏モード」の悪いパターンの一つである疑いもあるため、油断は禁物である。(註・その後の展開を見なければ悪いパターンかどうかはわからない。当たった瞬間は判断ができない)

 理想は1×9の確変ダブルリーチで魚群が出て1で当たるパターンである。欲を言えば、リーチ後に発生する一発告知を伴わない方が良い。(変動と同時に発生する一発告知は逆に期待できるパターン)魚群なしのスーパーリーチで1で当たった場合、3つの良い裏モードの中で最も滞在時間が短い裏モード(特徴:滞在時間内に多彩なスーパーリーチが頻出する)の可能性もある。

 順調に連荘が伸びなかった時、もしくは、多連荘終了後にスーパーリーチがほとんど出なくなってしまった時は別の裏モードに移行してしまった危険性を孕むため、深追いは避けたい。
 
海物語シリーズで確変ダブルリーチが発生した時の理想的な当たり方
  これ以上書けば話が複雑になりすぎて、初心者向けのコラムでなくなってしまうが、1×9の確変ダブルリーチで魚群が出なくても、リーチになる前に一発告知が鳴ればかなり期待できる。詳しくは下記の攻略ライブラリー(リンク集)の中にある一発告知に関するコラムを参照をされたい。

  確変中に1×9のリーチが発生し、残念ながら9で当たってしまった場合は連荘終了の前兆であると受け取ってよい。しかし、30パーセントの例外現象もありうるため、それまでが絶好調であった台はそれほど悲観する必要はない。

 とはいえ、その後、連荘終了時の大当たり回数が最強攻略法・海殺しXのオプショナル商品、カシオペア攻略術で解説する「危険領域」を迎えた場合はそのままその台を打ち続けるには相当な覚悟がいる。同じグループの他の台が何台か当たらぬ限り、大ハマリに陥る危険と背中合わせでもあるので時短終了後に打ち続けるとしても、ミドルの場合は、せいぜいひと箱が限度といえよう。
sarukanigassen.png
  連荘がストップした時の大当たり回数が危険領域でなければ、ホルコンが他のグループに移っだけという可能性も十分に考えられる。この場合、台が好調サイクルを維持している限り、たとえ9で当たったとしても、近い将来に再度の初当たりが見込める。(※このへんの見極めにはプロの実力が要求される)

 時短中も同様である。連荘が終了したと思いきや時短中に1×9の確変ダブルリーチが発生して、それで当たれば、再び確変プレーに戻れるため誰もが大喜びするが、その当たりが9であった場合、好調台、爆発台のサイクルが転落してハマリに向かう直前の
「引退の花道」(オマケ当たり)である可能性が常につきまとっている。(※サイクル変換の秘密については最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)

 通常時・確変ダブルリーチの判断

 ここまでは1×9の確変ダブルリーチが当たった時の話をした。
それ以上に攻略に必要な知識はこのリーチが当たらなかった場合の判断の仕方である。

 もっとも、1×9のリーチが発生しても当たることは滅多にない。大半はノーマルリーチである。しかし、プロは1×9リーチの細部を読み取り、その後の展開を予想する。同じ台で粘るべきか他の台に移動すべきかの判断もする。 海物語シリーズ攻略の第一歩がここから始まると申しても過言ではない。
海物語シリーズの攻略、特に1と9のダブルリーチの法則について解説します。
  以下、要点のみを箇条書きする。各々の理由まで記せば凄まじい長文になってしまうため、ここでは割愛することをお許し願いたい。いずれの法則も確固たるデータと検証の裏付けがあることだけは断っておく。

(1)泡の出ない1×9のノーマルリーチが何度も発生する現象はハマリ台に多い。

(「泡」と言ったが、ここでは泡に相当するものも便宜上、「泡」と称する。たとえば、スーパー海物語IN沖縄4の沖縄モードでは泡の代わりにマンボー、スーパー海物語INジャパンのお祭りモードでは太鼓が出るが、これらは外見上の違いにすぎず、本質は「泡」と同じである)

(2)1×9のノーマルリーチが発生して、2もしくは8で停止した場合、泡はあってもなくても、高確率でその台は「当たり番」(=ホルコンが次に当たりを予定した台)ではない。

 同じグループの他の台が当たった後に当たる可能性もあるため、迂闊に手放すのも躊躇するが、
そのまま打ち続けても、近い将来に当たることはほとんどない

 例外的に当たるとすれば、その後、イレギュラー系のリーチ(ウリンチャンス、ぽいぽいチャンス、レッツマンボー、レッツシーサー、ガオガオチャンス等)で当たるか、突確、一発告知を伴った当たり、ノーマルリーチからの当たりが大半を占める。時には、サム出現、枠外揃いからの当たりなどプレミアム演出の当たりもある。(大海物語4ではビッグバイブからの当たり、スーパー海物語INジャパンでは打ち上げ花火からの当たりもイレギュラー系のリーチに相当する)

 しかし、滅多にそういうことは起こらない。台を捨てるか休憩を入れるかの二択となる。休憩する場合は15分以上が望ましい。

(3)1×9のノーマルリーチが泡付きで発生して、3と4の中間の数字のない図柄で停止した場合はその後の60回転が勝負。

 これはある種の
リーチ目である。攻略初心者にもわかりやすい当たりの前兆である。しかし、リーチ目と呼ばれる幾つかの特定出目はホルコンが当選させたグループに属する全ての台に出ることが多いため、自分の台が「当たり番」であるかどうかまではわからない。その後の60回転以内に当たらなければチャンスは去ったと見てよい。 この出目が時短中の前半に出現した場合はした時短後半に当たるか、当たらなくても魚群の外れが生じることが多い。(4)泡の有無を問わず1×9のノーマルリーチが何度も発生するのにスーパーリーチが一向に発生しない台はハマリ傾向。

 ここでいうスーパーリーチとは1×9のスーパーリーチに限らず、スーパーリーチ全般の意味である。1×9のノーマルリーチは台のサイクル状態が切り替わった後に出やすい。サイクルの切り替わりとは悪いサイクルから良いサイクルへの好転、良いサイクルから悪いサイクルへの転落などを意味する。

 平たく言えば悪い台が良い台に変わったり、良い台が悪い台に変わることを指す。(サイクルが切り替わりやすい回転数については、最強攻略法・海殺しXのテキストに記載済み)

(5)泡の有無を問わず1×9のノーマルリーチが発生した後、ほどなくしてマリンを伴う1×9のスーパーリーチが発生した台はその後の60回転が勝負。

 好調サイクルに突入している台はその後に1×9の魚群付きのマリンが発生しやすい。(1×9のノーマル→1×9のマリン→1×9の魚群マリン) しかし、「決め手」となるべき魚群マリンが外れる台は高確率でハマる。(※大海物語4では、決め手として魚群に代わってビッグバイブというパターンもある)
大海物語4の攻略はビッグバイブの出方に注目
 なお、1×9の魚群マリンが出なくても、コンスタントに異なる種類のスーパーリーチがほどよく出る台はこれらの「儀式」(スーパーリーチの多発)を経て、最終的に決め手となる強力なリーチ(魚群、ワリン、もしくは派手な予告を伴ったリーチ)が来て当たりやすい。

 その決め手のリーチをあっさりと外す台、もしくは儀式の後に決め手らしきものが一向に出ない台はハマリ傾向。

 又、1×9のスーパーリーチ後に同じ種類のスーパーリーチ(特にマリン)が多発する台もしばらくは芳しくない動きを見せることが多い。20回転以内にスーパーリーチが3回出て当たらない台はその時点では好調サイクルに入っているとは言い難い。

 初心者向けに補足説明を加えると、海物語シリーズの好調台は打ち手を飽きさせない。面白いから打ち続けているうちに当たってしまう。 当たる前にはいろいろな兆候が出現する。(最強攻略法・海殺しXのテキストには、これらの一連の兆候を「好調サイン」として紹介している)

 一方、海物語シリーズの不調台は同じような現象が延々とループする。「あれっ? こんなことがさっきもあったな」というような現象が何度も続く。

 たとえば、チャンス目が二度連続して、マリンが降りてくる。しかし、当たらない。それほど時間の経たないうちに再びチャンス目が二度連続して、またもやマリンが降りてくる。これも当たらない。今度はチャンス目が三度連続して魚群まで出てマリンが降りてくる。これもあっさりと外す。マリンリーチを例に出したが、何度も黒潮リーチが来ることもある。

 ところで、スーパー海物語IN沖縄4は攻略しやすい反面、初心者泣かせの一面もある。同じ種類のスーパーリーチばかりが発生するのは基本的には良くない現象であるが、演出の違いが明確に見られる場合はその限りではない。

 一例を示すとすれば、最初は4人娘からマリンが出て、次は5人娘からマリンが出る。最後は5人娘の真ん中にマリンのミニキャラが現れて当たるというようなパターンも存在する。スーパーリーチの種類は同じでも演出の違いがアクセントになっている。 

 ホップ、ステップ、ジャンプの要領で段々と盛り上がっていくわけであるが、概して好調台はそのスピードがやけに速い。途中のプロセスを省略してホップ→ジャンプで当たってしまったり、今までなんの予兆もなかった台が予期せぬパターン(その代表が突確)でいきなり当たることもある。
沖海シリーズの当たりの兆候
(6)1×9のスーパーリーチが二度も三度も出て当たらない台は当分ハマる。

 もちろん、
この法則にも約30パーセントの確率で例外パターンが存在するが、「1×9の魚群なしスーパーリーチは短いスパンで二つはいらない」と覚えておこう。二度目が来たらそれで当たらなければならない。

 1×9のスーパーリーチは海物語シリーズにおける最大の「見せ場」の一つであり、最高のリーチでもある。これが飽きるほど発生して当たらない台は高確率でハマる。

 見せ場であるはずの演出で打ち手をワクワクさせた後に失望させる台はすぐには当たらないことが多い。大海物語4で言えば、ビッグバイブが新たに導入された見せ場であるが、今まで何度も普通のスーパーリーチが出た台にここぞいう場面でビッグバイブが発生すれば、魚群があろうがなかろうが、それで当たらなければならないのである。
海物語を攻略するために良い台と悪い台を見分けるを方法を教示する
 くどいようだが、海物語シリーズの攻略上、覚えておかなければならないことは、当たりに向かっている台(ホルコンが当たり台に選んだ台)は通常、儀式として1~3回のスーパーリーチの発生後、それほど待たないうちに決め手となるインパクト抜群のスーパーリーチ出現して、それで当たるパターンが全体の約七割を占めていることである。(海物語に限らず他機種においてもこれは攻略の基本知識である)

 良くも悪くもない平均的なロム状態の台はホップ、ステップまでは順調でも、決め手となるジャンプが発生しないことが多い。ハマリ台やハマリに向かっている台はジャンプまで行って、それでも当たらない。(大抵の場合、その直前か直後にホルコンでつながっている同グループの台が当たる)

 打ち手(特に攻略に長けた人)を不快な気分にさせる台(好調台を装った最悪の台)はかなりの時間が経過してから爆発することもあるが、幾多の苦難を乗り越え、ついに当たるのは打ち手の予想を遥かに超えた「遠い将来」であることが多い。
海物語シリーズのはまり台は当たりの前兆が何度も現れ、その都度、魚群などの強力なスーパーリーチを外す
ハマリ台の恐ろしさ

 極端な例を示そう。

 
休日の午後2時頃パチンコを打っていて、自分の台に1×9のスーパーリーチが多発して、挙句の果てには1×9の魚群まで外したことに嫌気がさし、怒ってホールを出た人が不意に映画でも見たくなり、敗戦後の傷心を癒すべくラブストーリーに興じた後、それでも気持ちが晴れなくて、携帯電話で仲の良い友人に「久々に飯でも食わないか?」と誘い出し、二人で居酒屋で一杯飲んだ後、自分の打った台のその後の成り行きがふと気にかかり、夜の9時半頃、再びホールに入ったところ、なんと1700回くらいの大ハマリになっているのを見て、「そうだよな。とんでもない台だったもんな」と独り言を呟くも、未練がましく「最後にもうひと勝負だ!」と意気込み、打ちはしたものの一向に当たる気配がなく、「もうやめようか」と何度も自問自答しつつ、「えーい、もうどうでもいい、財布の中身を全部使い切ってやる」と開き直って打ち続けているうちに5千円か一万円を失い、徐々に意識が遠のく頃、突然当たって、閉店まで8連荘した・・・というようなことは十分に起こりうる。 
ハマリ台に泣く
 もしその人が映画を見ている時間、友人と食事をしている時間、ずっとホールに居残りその台で打ち続けていたとすれば、果たしていくらのお金を失ったか。考えただけでもぞっとする。

 
これがパチンコの怖さなのである。たしかな攻略知識を持たずに山勘だけで台を選び、勝った負けたを繰り返している世のパチンコファンの大半はパチンコ依存症の予備軍に入っている。不幸にも本格的なパチンコ依存症を発症すれば、遅かれ早かれ、大ハマリの台を当たるまで打ち続けるという愚行を犯すことになろう。 
海物語攻略の老舗、リヴィエラ倶楽部の理念とは?
 パチンコはを実現するために打つ。本業だけでは足りない収入をパチンコで補い、この「副業収入」の有効活用によって、人生をより豊かなものとするために打つ。これがリヴィエラ倶楽部の理念である。

 パチンコ依存症に陥ってしまえば、貧乏になるだけでなく、精神的にも肉体的にも健康を害してしまうに違いない。

 我々(リヴィエラ倶楽部のメンバー)はパチプロである。しかし、
パチンコが楽しいと思ったことは一度もない。夢を叶えるための手段として渋々パチンコを打っているだけである。それ故、たとえ魚群が外れても、我々の心にはさざ波すら立たない。平然と台を変えたり、しばらく休んだりするだけである。

 我々は20箱を積み上げても、はしゃぎ回ることはない。大爆発しても、なんの感情も沸き上がらない。魚群が外れても悲しまず、魚群で当たっても喜ばず。なんと表現すればよいだろうか。パチンコを打つ時は常に、落胆もなければ歓喜もない。
星の数ほどある攻略法。真の攻略で海物語に勝て
  パチンコはすでに仕事の一部になっている。ただ黙々と仕事に励むだけである。パチンコを打てば大抵は勝つ。しかし、パチンコを打っている最中に嬉しくなることは絶対にない。パチンコで稼いだ収入で見果てぬ夢が実現した時、はじめて心の底から沸き上がる喜びをかみしめる。

 
我々は誰よりもパチンコの怖さを知っている。ホールに行く時にウキウキした心境になることはない。常にパチンコという魔物と闘っているからである。知識とテクニックだけでここまで来たのではない。誰にも負けない強靭な意志力と忍耐力で魔物との闘いを制してきたと自負している。

 パチプロでありながらパチンコで身を崩さないこと。これこそがトッププロの矜持である。

本気で勝ちたい方へ
海物語シリーズの攻略の鍵はダブルリーチにあり

 今回は海物語シリーズの人気に火をつけた確変ダブルリーチに秘められた攻略の糸口を示した。このテーマだけでも一冊の本が書けるほどパチンコは思いのほか複雑である。紙数の関係上、かなりの部分を割愛して最もインパクトのある情報のみを厳選して紹介した。

 わかりやすさを優先したため、大雑把な書き方になった。確実に勝ちたい方は下記の攻略ライブラリーに収録されている一連のコラムも併読していただきたい。(お疲れの方は、このコラムを「お気に入り」に登録され、後日、ライブラリーにご入館下さい)
パチンコ攻略指南書
 「突確」、「連続リーチ」、「チャンス目」、「一発告知」、「ウリンチャンス」の諸法則に関して本稿では一切触れていないので、特に★印のついたコラムは海物語攻略において最重要である。

 本稿で言及した海物語の攻略情報に一連のコラムにて詳述する攻略テクニックを加えた上で実戦に挑んでいただきたい。そして、私の述べた内容が真実であると確信を抱かれた方々のみ、「夢の翼」、最強攻略法・海殺しXのご購入を視野に入れていただきたいと願っている。 
パチンコの勝ち方
  パチンコは理詰めで勝てる。知識を吸収することは少し面倒ではあるが、その苦労を十分に報いるだけの収入が約束されている。
 
リヴィエラ倶楽部 
佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

10年ぶりフルリニューアル→PAスーパー海物語IN地中海(PV)

<新型コロナウイルス関連>
新型コロナウイルス護身術~予防と治癒に必要なことは?


ランキングサイトに参加しています。本記事を評価して下さる方は上記テキストリンクの文字上をワンクリックしていただければ助かります。

(Pスーパー海物語INジャパン2、大海4攻略の秘伝公開) 
秘伝の攻略打法で大海物語4に勝つ
 ☆海殺しXで人生の"Drastic Cange"を!

<必読コラム>


攻略ライブラリー
海物語攻略図書館
海物語大学の図書館へようこそ!
お勉強の準備はよろしいですか?

<甘デジ攻略> 
【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密
攻略情報リンク
<注目情報> 
海物語各機種の好調台、不調台の特徴をあらゆる角度から解説
<攻略情報>

  

最強攻略法を利用して勝ち組に入ったリヴィエラ門下生の証言

watermark.jpg
ホルコンプラスアルファの攻略で海物語に勝つ


<ホルコン攻略の長短>

驚天動地のエピソード↓

<追加情報>
海物語の攻略ネタ
攻略本を読む

<実戦レポート>

<当倶楽部首席門下生の偉業>
海物語全機種に共通する攻略の要を伝授します

リーチが連続したら当たりは近い? or ハマり台?


注目コラム → パチンコ勝ち組への転身~縦横無尽に攻略法を駆使する!
question-mark-2110766__340.jpg

 パチンコを打っていて、リーチが連続して戸惑う時があるはずです。時には3連続、4連続のリーチも経験します。特にスーパーリーチが2連続した時などは、このままこの台で打っていて当たるものなのか、それともこの台はハマリ台なのかと迷う人も少なくないでしょう。そんな方々のために最強攻略法・海殺しXサロンにて下記のコラムを発表しました。

【沖縄4にも有効】連続リーチが意味するもの【パチンコ攻略】

 パチンコに勝つためには、あらゆる知識を総動員して攻略に挑まなければなりません。連続リーチはパチンコを打つたびに経験する日常茶飯事の出来事です。リーチが連続する意味を知っているのと知らないのとでは収支に大きな差が生じます。このコラムでは連続リーチが発生した時の判断と対処について詳しく解説しました。新機種、スーパー海物語沖縄4の攻略にもお役立て下さい。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

最新攻略情報:

海物語シリーズ攻略のための突確講座

最強攻略法・海殺しXの公式HP
75d1bd23567b84dedd64741545184975_t.jpeg
New→海殺しX、大海物語4で大爆発!

スーパー海物語IN沖縄4攻略のために

大海物語ファンは → 海殺しX、大海物語4で大爆発
 IMG_6727_s.jpg
 今、スーパー海物語N沖縄4が物凄い人気です。SANYOの完全復活の気配が漂ってきました。SANYOというパチンコメーカーに声援を送りながらSANYOの機種の攻略に血道を上げる我々は傍から見ると滑稽かもしれませんが、SANYOあってのリヴィエラ倶楽部です。

 このたび公式ホームページにかなり本格的な攻略コラムを発表しました。楽しい読み物になるようにと心掛けたものの、多少高度な内容になっており、その点はパチンコ初心者の方には申し訳ないのですが、パチンコ攻略研究家の方々には、垂涎のコラムに仕上がっているものと自負します。

 内容はやや専門的ではありますが、どなたが読んでもそこそこに理解できるレベルにはとどめたつもりです。このコラムは前編と後編の二つからなる長編です。(下記リンク参照)

【徹底ガイド】スーパー海物語N沖縄4の攻略~好調台で勝つ!(前編)

【徹底ガイド】スーパー海物語N沖縄4の攻略~好調台で勝つ!(後編)

 前編では、主に通常時のプレーについて重要事項を集約しています。後編では、その延長として、ウリンチャンス、ウリンチャージなどに秘められた「暗号」を解読し、更に一歩踏み込んで、時短中の現象からその台の時短終了後の展開を読むためのテクニック等を公開しています。

 一人でも多くの方々がスーパー海物語N沖縄4を気持ちよく攻略され、晴れ晴れとした人生を送られることを願っています。頑張って下さい!

<参考>

スーパー海物語IN沖縄4動画集
スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略

<マニアックコラム>

海物語攻略のための突確講座 
ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

<甘デジ攻略情報>


カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

【新コラム】スーパー海物語M55X3

注目コラム → パチンコ勝ち組への転身~縦横無尽に攻略法を駆使する!
IMG_3318_s.jpeg
 リヴィエラ倶楽部の公式ホームページにスーパー海物語M55X3の攻略で腕に磨きを!と題したコラムを追加しました。最近はブログでコラムを発表することが多かった当倶楽部ですが、一連の海物語シリーズの節目ともなるスーパー海物語M55X3のリリースを機に再びホームページの内容拡充に努めてまいりたいと決意を固めた次第であります。

 最近、SANYOは原点に回帰する動きを見せています。今回の機種で様子見をしつつ、パチンコファンが海物語シリーズに何を望んでいるのかというニーズを正確に把握した後、近い将来に大きな勝負に出るものと思われます。

 海物語シリーズの更なる躍進を願ってやみません。

最強攻略法・海殺しXの公式HP
concept-1229907__340 (1) 
New→海殺しX、大海物語4で大爆発!






スーパー海物語IN沖縄4 ウリンチャンス攻略の掟

Pスーパー海物語INジャパン2に新攻略ノウハウで勝つ!
6957d711d549e18b10554e41d1b5d9bd_t-thumbnail2.jpeg 
【概要】ミドル、甘デジを問わず、海物語シリーズ搭載されているウリンチャンス。当たれば確変なのでワクワクしますが、無事に当たったとして素直に喜んでよいものでしょうか? ウリンチャンスは通常時に発生するのと確変中、時短中に発生するのとでは大きな違いがあります。大海物語シリーズのぶるぶるチャンス、ぽいぽいチャンスにも共通するウリンチャンスの知られざる法則を解き明かします。

※このコラムの執筆時はスーパー海物語IN沖縄3の時代でしたが、沖縄4に変わってからも、なんの違いもないため、タイトルのみ変更しました。本文中の沖縄3を沖縄4に置き換えてお読み下さい) 
注目コラム↓
Pスーパー海物語INジャパン2の攻略
海殺しX、大海物語4で大爆発!
女性はパチプロ向き?~リヴィエラレディースのパチンコ年収




はじめに

 スーパー海物語IN沖縄3の衰えぬ人気には目を見張るものがある。歌謡曲にたとえれば、2年前に発売された曲がいまだに有線放送のリクエストでベストテンに入っているようなものであり、かつてのロングセラー、『北国の春』を彷彿させる。この曲は曲名とは裏腹に春に限らず季節を問わず、今でも年配者を中心に歌われている。

 沖縄の夏をテーマに開発されたスーパー海物語IN沖縄3も年配者を中心に根強い人気があり、季節を問わず、大勢のパチンコファンに親しまれている。この人気の秘密は演出の妙味にあるような気がする。

 さて、本稿はスーパー海物語IN沖縄3を題材にした一連のコラムの続篇である。かなりの長文になるが、真剣にスーパー海物語IN沖縄3の攻略に挑まれる方には耳寄りの情報であることは間違いない。遊びでパチンコを打つ人には少しも面白くない内容かもしれないが、パチンコで蓄財することを真剣に考えておられる方には十分にご満足いただける内容であることを確信する。パチンコ攻略戦士の方々はゆっくりと最後まで熟読していただきたい。(追記:スーパー海物語IN沖縄4がリリースされたため、本コラムの重要性は一段と増した。冒頭で触れた通り、ここから先の攻略情報はスーパー海物語IN沖縄4にも適用される。より厳密に言えば、ウリンチャンスの法則については、スーパー海物語IN沖縄4とスーパー海物語IN沖縄3は全く変わらない
 
法則の信頼度は約70パーセント

 ウリンチャンスが発生すれば、誰もが胸をときめかせる。当たりさえすれば確変確定なので、この興奮は1と9のクロスリーチで魚群が出た時の興奮と比べても勝るとも劣らない。しかし、ウリンチャンスで当たったからといって単純に喜ぶべきではない。SANYOというメーカーは心理作戦が実に巧い。常に打ち手の意表を突いて驚かせる。良い意味で意表を突くこともあれば、悪い意味で意表を突くこともある。又、このメーカーは個々の演出にある種のメッセージを込めるプログラム作りに余念がない。さらに、何事にも法則を設け、約70パーセントが法則通りの展開、残りの約30パーセントが法則破りの展開になるように仕組まれている。

ドラマを呼ぶ例外現象

 長年、海物語シリーズを打っている人であれば、「この現象は爆発の入り口だ」というようなことに薄々気づいているものだが、ハマリ台の場合はその期待を裏切られ、良い現象が起きても良い結果を生まないことが多い。(30パーセントの例外が出てしまう)「この現象はハマリの前触れ」という法則も同様であり、好調台はその不安を一掃して、信じられない爆発につながることもある。(これも30パーセントの例外)

 このことは海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学で述べた「良い当たり方」と「悪い当たり方」にも当てはまり、たとえば、ハマリ台の内部プログラムにサイクル変換が生じ、好調サイクルに転じた後に当たる時は「悪い当たり方」をしたにもかかわらず、一気に10箱以上積み上げるようなビッグサプライズが用意されている。海物語シリーズを熟知した打ち手の期待を裏切るのも彼らを狂喜させるのも30パーセントの例外が生み出す悲喜こもごものドラマなのである。

 このことを念頭に置いた上で以下の小論をお読みいただきたい。私がレクチャーする内容は読者の方々がイメージされているものとは全く性質の異なるものかもしれないが、今まで何も考えずにパチンコを打っていた人が本コラムを読み、何か感じるものがるとすれば、その人はすでにプロの予備軍に入っている。

 今までに私が発表してきたコラムよりもやや高度な内容にならざるを得ないので、最強攻略法・海殺しXのユーザー以外の方は、他のサイトで得られる攻略情報などと組み合わせ、得られるものだけを確実に習得した上で独自の攻略ノウハウを構築していただきたいと願っている。

パチンコに勝つために必要な考え方

 今から私が解説する諸法則は順当な成り行き(70パーセントの方)について述べるものである。常に30パーセントの例外がつきまとうが、こればかりは内部プログラムの性質によるものなのでどうすることもできない。

 常に申し上げることであるが、パチンコ攻略とはホルコン(ホールコンピュータ)の仕組みをマスターした上で、機種特有の癖(法則)を見抜き、高確率で起こる現象に期待してその実現を狙うことにほかならず、低確率で起こる現象に賭ける行為は大怪我の元である。(たまたま爆発に成功してもトータル収支では絶対に勝てない)

通常時のウリンチャンス(=必ずしも歓迎できないパターン)

 まず、細かい話に入る前に、一つの原則を示しておきたい。通常時にウリンチャンスで当たった台は(30パーセントの例外現象を除き)多連荘はあまり期待できず、2~3連荘で終わることが多い。したがって、順当な結果に終わってしまった場合は、ホールの状況にもよるが、基本的にはその台で長時間粘らない方がよい。(後述するが、確変中、時短中にウリンチャンスで当たる台は逆に有望

 ウリンチャンスが発生する台の大半は今までにスーパーリーチがほとんど出なかった台である。(つまり、その時点では好調台とは言い難い)ごく稀に魚群が外れた直後にウリンチャンスが発生することもあるが、通常は直前50回転以内にスーパーリーチが出ていない台にウリンチャンスが発生する。これは退屈しのぎのための演出の一つである。今までにスーパーリーチがほとんど出ていない台にウリンチャンスが発生した場合、これで当たらなければしばらくの間、ハマる傾向にある。しかし、大ハマリには発展することはあまりなく、そのまま休まずに打っていても、早ければ100回転以内、遅くても300回転以内に当たることが多い。

 一方、通常時にスーパーリーチが頻繁に出ている台にウリンチャンスが発生して外れた場合はかなりハマる傾向にあるため、基本的にはその台から離れるべきである。

通常時にウリンチャンスが外れた時の対処(その1)・・・一般向け攻略ノウハウ

 今までにスーパーリーチがあまり出ていない台に突然発生したウリンチャンスが外れた場合、ホルコンが自分の属するグループ(ユニット)をアクティブにしていて、自分の台が当たり番(次に当たりが予定されている台)でないというケースが目立ち、グループ内の他の台が先に当たった後に自分の台が当たることが多い。

 ホルコンマニアの欠点は、ホルコンが束ねるグループの存在は見抜いていても、「グループ内の他の台が当たった後、どのタイミングで打ち出すべきかわからない」ことである。ホルコンの知識を中途半端に持つ人はグループ内の他の台が確変中の時も休まずに打ち続けるという実に滑稽なことをしており、その行為が確変中の好調台の連荘に弾みをつける結果を招いていることに気づかない。

 グループ内の台の稼働率をホルコンは常にチェックしている。「このグループ内にこれだけ打つ人がいれば、当分の間、ここに相当なお金が落ちるはずだ」ということを見込んで、ホルコンは連荘中の好調台に気前の良いプレゼントをする習性を持つ。連荘中の台が好調台でなければ、それは2~3連荘のくだらない当たりとなり、そのグループが強ければ、その哀れな台が「つなぎ役」(中継台)となって、グループ内の休眠中の好調台、もしくは打っているうちに好調サイクルに転じた新好調台(今まで冴えなかった台)がそれを契機に暴れ出す。

 他の台のサイクル状態(ロムの強さ)が見抜ける人(プロ)は、自分の台のウリンチャンスの外れの後に、長時間の休憩に入り、グループ内に存在する遊び台とおぼしき台の当たりを待ち、それが予想通り単発もしくは2~3連荘で終わってしまった後に打ち出しを再開して小額投資で当たりを呼び込むという職人芸で勝つ。

 パチンコというのは実に皮肉なものである。休まずにひたすら打ち続けた方が早く当たると素人は考えるが、当たらなければ単にお金をどぶに捨てただけという最悪の結果を生む。仮に当たったとしても、投資がかさみすぎてまともな稼ぎにならない。一般にプロは爆発狙いを好むため、最初に当たるまでは、忍耐強く何度も休みを入れ、観察がてらホールを暇そうにブラブラ歩いている。要は最小の投資で最大のリターンを狙うわけであり、この心の余裕が素人にはほとんどない。

 自分の台よりも先に当たったグループ内の台が好調台でなければ、その連荘終了後(もしくは単発当たりの時短終了後)にウリンチャンスが外れた台にチャンスがめぐってくる。「ホルコンがそのグループに残っていれば」という条件が伴うものの、仮にホルコンが別のグループに移っていたとしても、再び自分のグループに戻ってくれば、かなりの確率でウリンチャンスを外した台が当たり番に選ばれる傾向がある。

 したがって、ホルコン攻略の初心者はグループ内の他の台に先に当たらせて、その連荘終了後に打ち出しを再開すればよい。ホルコンのことを知らないパチンコ初心者はウリンチャンスが外れた後、10分程度の休みを入れ、打ち出し再開後も20~30回転以内に当たらなければ、再び10分程度の休みを入れるということを一定期間繰り返せばよい。ホルコンは空き台を好む性質があるため、偶然の勝利を呼び込みやすくなる。休む時はプリペイドカードや上皿の玉を完全に抜くことを忘れずに。(※上皿の銀の部分がセンサーになっているため、ここに玉が乗っていれば「完全な空き台」にならない)

 20~30回転以内に当たらなければ休むのが原則であるが、急にリーチやチャンス目が頻出するようになり、スーパーリーチもコンスタントに来るような展開になった時はほどなくして当たる可能性もあるため、少し打つ時間を長めにするという調整を行う。

 「休んでは打つ」を何度繰り返しても一向にリーチやチャンス目の頻出、スーパーリーチの出現がない台は見込みなしと考えて七割方正しい。(例外的に当たるとすれば、一発告知を伴う当たり、ノーマルリーチからの当たり、突確当たり、再度のウリンチャンス、あるいは、レッツマンボー、レッツシーザーのようなイレギュラー系リーチでの当たりが考えられる。しかし、前述の如く低確率現象に賭ける行為は邪道)

 パチンコ攻略には「この台はしばらく当たらない」と判断したら潔く台を捨てる度胸も必要である。ウリンチャンスが外れた台が遠からぬ将来に必ず当たるという保証はどこにもない上、通常時のウリンチャンスはあまり良い現象とはいえず、しかも、それが外れたとなれば、限度を超えた粘り打ちには感心できない。特にホルコンに滅多にふり向いてもらえない弱いグループであればなおさらである。

強いグループのジレンマ

 今まで述べてきた戦術は強いグループでのみ成立する。強いグループとは短時間内に複数台(3台以上が望ましい)が当たっているグループを指し、1台だけが好調で残りの台は冴えない台ばかりというグループは決して強いとはいえない。強いグループのもう一つの特徴は不運なつなぎ役の台を除き、多連荘(4連以上)が中心であることである。

 最も単純で成功率が高いパチンコ攻略ノウハウは常に強いグループで打つことである。しかし、賢明な読者であれば、あることに気づくに違いない。

 強いグループの台は多連荘しやすい。その多連荘中にグループ内の他の台を打てば、グループ内の台の稼働率が上がり、それがホルコンに作用して好調台を助けてしまう。(時には爆発を許してしまう)このジレンマと向き合い、可能な限り最小限の投資で当てるためには、どうしても専門知識が必要になる。

 しばらくの間、最強攻略法・海殺しXのユーザー向けの話になる。一般の方々には意味不明な部分もあると思うが、当ブログの読者の多くがユーザーの方々である以上、避けて通るわけにはいかない。少々、マニアックな話になることをお許しいただきたい。

                               プロの発想

 通常時、自分の台にウリンチャンスが発生して外れた場合、グループ内の他の台に移動して早期の当たりを狙うという戦術もあるが、それでめでたく当たっても、その台がつなぎ役にすぎず、その後、自分が今まで打っていた台(ウリンチャンスを外した台)を拾った人に大連荘を許してしまうこともある。これがプロをも悩ませるパチンコ攻略の難しさである。つなぎ役でも4~5連荘すれば諦めもつくが、単発で当たった場合はたまらない。

 このような時、プロはグループ内の他の台の今までの推移を重視する。すなわち、グループ内の各台の置かれた状況を入念にチェックする。700回転以上の極端なハマリ台はどこまでハマるか予測がつかないので無視することが多い。(試しに打つとしても決して長時間は打たない)今までに単発当たりや確変2~3連荘を何度も出した台は絶好のタイミングを得ない限り、なかなか当たらない(当たり番をスキップされる)と判断して相手にしない。又、すでに15箱前後を積んでいる台がハマリに入っていれば、グループ内の2~3台が多連荘しない限り、その台の再爆発は難しいと判断する。すでに爆発がゴールに達しているような台は、グループ内の他の台のサイクル状態が軒並みひどい時に限り、それほどハマらずに(目安として300回転以内)再度の初当たりを獲得して、それが意外なほど伸びることもあるが、すでにハマっている場合、サイクルが転落した可能性が濃厚である。あるいは、運良く当たったとしても、今度は「かつてのチャンピオン台」がつなぎ役のくだらない当たり(単発or 2~3連荘)を出しやすく、それが引退の花道であったりする。その後、その台は大ハマリに突入し、グループ内から新チャンピオン台が出現しやすい状況を迎える。

 プロはこのような状況の時にグループ内の空席をひとまず確保する。台選びにあたっては、上述の要領で見込みの少ない台(当たり番になりにくい台)を避け、消去法で最終的に最も見込みのある一台を選ぶ。それは一見、なんの魅力もないが、それほど醜くハマってもいない台であることが多い。特に強いグループなのに、その台だけが何度も当たりをスキップされ、代わりに当たった台が単発もしくは2~3連荘で終わったり、4連荘以上した後でハマっているような時に。1000回転クラスのハマリ台がある時はその台は当分の間、「生贄の死に台」になると仮定して迂闊には手を出さない。そのような観点で絶好の台を標的に据え、攻略に着手する。(万一、大ハマリ台が当たって爆発した時は諦めるしかないが・・・)

通常時にウリンチャンスが外れた時の対処(その2)・・・ウルトラ速攻法A

 そして標的に定めた台を打ち始めると、そのような台に限ってウリンチャンスの外れが来る。今まで芳しくなかった台は一筋縄では爆発しない。そのくらいは経験的にわかっている。そんな時、「この台はまだ当たり番にならないのか。これが最後のお仕置きだろう。グループ内のどこかの台が当たってくれさえすれば、次は間違いなくこの台が当たる」と他の台の当たりを祈るのである。つなぎ役になりやすいグループ内の他の台に移動して先に当たりたいとは思わない。先に他の台に当たらせて、自分が爆発することを望む。繰り返しになるが、通常時にウリンチャンスで当たっても2~3連荘で終わることが多い。それが外れたということはポジティブに考えれば幸運なことであり、その後の展開に夢がある。(但し、正しい打ち方を知らずにそのままダラダラと打ち続ければ一気に大金を失ってしまうので要注意)

 さて、しばらく台を休ませていると、大概、グループ内の他の台が当たる。まずその台が当たった直後、1分間だけ打ってみる。(このタイミングで当たるケースもあるため)しかし、1分以上は打たない。1分以内に当たらなければ、「当たり番の高速移動はなかった」と判断して七割方正しい。問題はその後のアクションプランである。(その1)では、先に当たった台がくだらない当たり(単発or 2~3連荘)で終わったケースについて説明した。しかし、先に当たった台が必ずしもくだらない当たりをするとは限らない。ホルコンに溺愛されている強いグループであれば、多連荘する可能性も高い上、そのまま爆発に転じることもある。

 このような時に確変中の台の連荘が終わらないうちにグループ内の台を打てば、好調台の連荘数をいたずらに伸ばしてしまう危険があることにも言及した。かといって好調台の多連荘が終わるまでじっと待つのは時間が惜しい。世のパチンコファンの大半はこの状況をしっかりと把握して適切な行動をとることができない。ほとんどの人は自分が置かれている状況すら把握できない。少しプロ的な能力を備えている人は状況は把握できても対処の仕方がわからず途方に暮れる。しかし、朗報がある。

 このような時こそ、最強攻略法・海殺しXの切り札、ウルトラ速攻法の出番なのである。(バージョンAを使用)特に先に当たった台がすでに数連荘した時にチャンスが到来すれば、少し前にウリンチャンスが外れた台は千円以内に当たる期待度が通常の使用時よりも遥かに高まる。(註・投資額は千円を限度にすること。これで当たらなければ、さらに500円追加しても当たらないことの方が多い)先に当たった台が爆発に入った場合はウルトラ速攻法を使用するチャンスが何度も訪れる。初回に失敗しても2度目、3度目に成功すれば問題ない。要はウルトラ速攻法を使える時しか打たなければよいのである。悠然と缶コーヒーでも飲みながら待機していればよい。投資額をセーブする重要性は積み上げるドル箱の数の重要性と完全にイコールである。

新定跡の誕生

 私は強いグループに属していて通常時にウリンチャンスの失敗があった台を拾いまくって相当勝った。スーパー海物語IN沖縄3の勝率は9割を超える。自分の台にウリンチャンスが発生しなくても近隣の台で失敗があれば、高確率でその台が拾える。(ウリンチャンスで当たらないと怒ってやめる人が多いため)その台が弱いグループの場合は拾わないことが多いが、強いグループの台であれば、拾うことが多い。知らぬまにこの戦法がひとつの「定跡」になってしまったのである。

 ウリンチャンスは発生時に大きな音がするので近隣の台ならば気づかぬことはまずない。プロの攻略術は常に理論と経験とが一体化した時に生まれるのである。

通常時にウリンチャンスが外れた時の対処(その3)・・・「危険領域」の応用

 ウルトラ速攻法と共に「割り込み当たり」(グループ内の他の台の連荘中に自分の台を当てること)が狙えるもうひとつの秘伝はオプショナル商品、カシオペア攻略術に記載された「危険領域」の概念の応用である。如何なる好調台でも危険領域に入った時に(特に連荘があまりにも長引いている時に)一瞬だけ当たり番をグループ内の他の台に譲りやすい。

 これは実に単純な方法である。先に当たった台が連荘中に危険領域に達した時に空き台状態で待機させていた台の打ち出しを再開する。(予算上限はウルトラ速攻法よりも少し多めの2千円)最強攻略法・海殺しXのユーザーの方々はご存知のはずだが、危険領域の大当たり回数は2回続く。したがって、この戦法は短時間内に2回チャレンジすることができる。

 しかし、一回の予算上限が2千円なので、2回続けて失敗すれば4千円も失うことになる。この事態を避けるために少しは知恵を使わなければならない。ここに経験と感性という知識とは別の要素が入り込む。残念ながら決定的なソリューションはない。私が2回続けてチャレンジする時は、2回のチャレンジで投資合計が2500円を超えないように巧みに調整を図っている。一度目の挑戦で魚群が外れた時などは潔くその台をギブアップする。当たる宿命にある台ならばそれで当たっていなければならないからである。

 最強攻略法・海殺しXの使い手の皆様は、通常時のウリンチャンスを外した後(あるいは、ウリンチャンスを外した台を拾った後)、空き台待機を実践し、最初のチャンス(グループ内の他の台が当たった直後の1分間)に失敗しても(失敗することの方が遥かに多い)、ウルトラ速攻法と危険領域の概念を応用した割り込み当たりを狙い、それ以外の時は極力打たないというスタンスを徹底していただきたい。シビアに打たなければパチンコで蓄財することは不可能である。

野望を抱け

 パチンコで常勝組に入るためには、何か大きな目標を持つことが必要である。たとえば、沖縄のリゾート地に別荘を建てる資金を沖縄3で稼ぐというような目標・・・このようなとてつもなく壮大な野望であってもよい。小さな目標でも構わない。パチンコの稼ぎで新車を買う、子供の進学費用をパチンコで稼ぐ、自分の部屋を音楽スタジオに変えるため、録音機器等をパチンコで稼いだお金で買う・・・etc. 各人各様、大小様々な目標があろう。このような明確な目標があればこそ、多少退屈であろうと、「打っても無駄な時は打たない」という強靭な意志を持つことができる。

 明確な目標を持たない人はいつまでもダラダラと打ち続けパチンコを楽しんでしまう。(散財する)そして楽しんだ後に泣くのである。読者諸氏には賢者の道を歩んでほしいと願っている。

通常時のウリンチャンスで当たった場合は?

 今まで私は通常時に発生するウリンチャンスについての考察とそれを外した後の対策について述べてきた。通常時のウリンチャンスが当たった後の立ち回りについてほとんど触れていないのは、特に頭を使う必要がないからである。通常時にウリンチャンスで当たった場合は30パーセントの例外現象が起こることをひたすら祈るだけである。順当に2~3連荘で終わってしまった場合は時短終了後、あまり粘らずに別の台に移った方が得策であることが多い。ここでも30パーセントの例外が生じれば話は別であるが、基本は即ヤメである。私の場合、時短終了後、少しは様子を見るが、ひと箱は使い切らないうちに台を移動することにしている。(例外的に再度の初当たりが来るとすれば、ひと箱も使わないうちに当たることが多いため)通常時、ウリンチャンスで当たった時はこの程度のことを覚えていれば事足りる。

確変・時短中のウリンチャンス(好調台に多い現象)

 通常時にウリンチャンスで当たった場合、必ずしも喜べないことはすでに述べた。これはウリンチャンスに限らず、レッツマンボー、レッツシーザーによる当たりも同様であり、遊び台が数百回転ハマった時などによく生じる現象である。いずれのスーパーリーチもイレギュラー系であり、普通のスーパーリーチがあまりかからない台が突然、当たる時の手段に用いられることが多い。

 しかし、スーパー海物語IN沖縄3に限らず海物語シリーズ各機種のユニークなところは、通常時はあまり芳しくない現象でも、確変中、時短中に発生すれば逆の意味を持つこともある点にある。たとえば、通常時は1(タコ)と9(カニ)の泡なし(あるいはマンボーなし)ノーマルリーチは台のサイクルが優れない時によく見られる現象であるのに対し、確変中にこのリーチがかかれば、高確率で当たり、しかも確変当たり確定となる。これと同じことがウリンチャンスにも当てはまり、好調台は確変中、時短中にウリンチャンス、レッツマンボー、レッツシーザー等のイレギュラー系のスーパーリーチで当たることが多い。(例・8連荘中、2回の当たりがウリンチャンスで1回がレッツシーザー)

 爆発台の二つのパターン

 厳密に言えば、海物語シリーズの場合、好調サイクル(俗に言うロムの強い状態)突入中の台には二通りのタイプがある。

(1)通常時、確変時を問わず、魚群が頻繁に出てほとんど外れないという特徴を帯びているもの

(2)魚群があまり出ず、出ても外れることがある代わりにイレギュラー系のスーパーリーチが多発する傾向をもつもの


 爆発台はこのいずれかのタイプであるが、爆発の大半は(2)のタイプの台で起こる。このタイプの台のもう一つの特徴は、単発図柄で当たったと見せかけて大当たりラウンド中に確変であることが判明したり、潜伏確変のまま時短に入り、突然、確変プレーに戻って打ち手を驚かせるようなことが頻繁に起こることである。(1)は打ち手を安心させながら爆発するが、それとは対照的に(2)は打ち手をひやひやさせながら爆発する。(1)の方が持続力に優れ、20箱を超える大爆発をする台は(1)のパターンが圧倒的に多い。

 このような台の特性を司るものを我々は裏モードと呼んでおり、海物語シリーズには8種類の裏モードが存在するという結論に達している。(他の攻略研究家は7種類というかもしれないが、我々はある裏モードをさらに細かく二つに分けている)

 この8種類の裏モードについては最強攻略法・海殺しXのテキストに記載されている通りであり、長時間打って勝てるのは8種類中3種類の裏モードしかなく、爆発が期待できるのは上記の2種類しかない。

 確変中、時短中にウリンチャンスで当たる台は必ずしも爆発するとは言えないが、(2)の裏モードに該当する可能性が高いため、識者の間では望ましい現象として認識されている。ちなみに、裏モードが切り替わるタイミングはサイクル変換の発生タイミングと同じ回転数と大当たり回数である。最強攻略法・海殺しXの購入者は今一度、テキストを復習していただきたい。

確変中、時短中のウリンチャンスで当たった台のその後の打ち方

 海物語シリーズの台の攻略は推理小説を読むのと似ている。一定の法則があるものの、常に人の裏をかく例外現象がつきまとうため、良い現象であっても気を抜くことはできない。確変中、時短中にウリンチャンスで当たった台が確実に好調台であるという保証はないため、次の項目を頭に入れて、その台で継続プレーをすべきかどうか総合的に判断を下していただきたい。

チェック項目

1.4連荘以上するか?(我々は4連荘以上を多連荘と定義している。とりあえず4連荘以上するかどうかを確かめ、2~3連荘で終わった場合は時短終了後、即ヤメするか何度も10分以上の休憩を挟み、再開後、20~30回転で当たらなければ再び10分以上の休憩をとるというような粘り戦術で勝負する。リーチ、チャンス目の多発があり、スーパーリーチがほど良いペースで2~3回来れば、最後のスーパーリーチから目安として50回転以内に「決め手」となる信頼度の高いスーパーリーチ(魚群もしくは強烈な予告を伴ったスーパーリーチ)が出て当たりやすい状況を迎えるが、それが外れたり、決め手らしきものが一向に来ない台は好調サイクルでないことが多い。早期に当たらなければ深追いを避ける)

2.ウリンチャンスの当たりでサムが出るか? (一瞬外れたように見せかけてサムが出て当たるウリンチャンスは通常時、確変中、時短中を問わず、高確率で好調サイクルの証明となる)

3.イレギュラー系スーパーリーチの多発で多連荘するか? (確変中、時短中にウリンチャンスに限らず、レッツマンボー、レッツシーザー等のイレギュラー系のスーパーリーチが多発するのは好調台の特徴なので、そのあたりも十分観察する必要がある)

4.確変中、時短中の○○回転目にリーチもしくは当たりが発生するか? (伏字が嫌らしく大変申し訳ないのですが、商品内容にかかわるためご容赦下さい)

 特に4は台のその後の行方を左右する上で極めて重要なポイントとなる。○○回転でリーチがかかったり、当たったりするという現象はオプショナル商品、カシオペア攻略術に含まれる極秘情報である。好調台、爆発台にかなりの確率で発生する。これはもはや神秘現象とでも形容したくなるほどの不思議であり、スーパー海物語IN沖縄3に限らず、海物語シリーズ全機種に共通している。我々が爆発台の研究に全エネルギーを傾注していた時、データの中から偶然発見された法則なのだが、残念ながら何故、爆発台、好調台が○○回転でリーチがかかったり、時にはそのリーチで当たるのかというメカニズムがいまだに解明できずにいる。

 カシオペア攻略術がお手元にあり、○○に当てはまる数字をご存知の方は、その後の経験からこれが真実であることを深く確信されているはずである。メカニズムの説明(論証)ができないのは歯がゆい限りであるが、データ上、そして経験上、確実に成立する法則であるので、我々は顧客の皆様に対して、声高にこの法則の重要性を説いている。一時期はその解明に躍起になったものだが、冷静に考えれば、パチンコに学会があるわけでもなく、解明に成功したところで、なんの報償もない。パチンコは勝ちさえすればよい。このように考えているうちに解明は断念することにした。

毎回のように爆発させる必要はない


 長文のご愛読に感謝する。今後もこのような攻略情報を時間がある時に執筆して、皆様のお役に立ちたいと切に願っている。最強攻略法・海殺しXは夢を運ぶ翼である。二つの翼(ホルコン攻略と海物語シリーズのプログラム攻略)を羽ばたかせ、皆様には最高の人生を送っていただきたいものである。最後にリヴィエラ倶楽部の合言葉を再確認しておきたい。

 「小利を重ねて勝利する」

 常に勝率8割以上をキープして、数回に一度、爆発させるだけでよい。決して欲をかかず、常に勝ち逃げに徹し、コツコツと蓄財に励むことがパチンコでリッチになる唯一の方法である。勝ち逃げをする時の収支はプラス一万円でも、プラス五千円でも気にすることはない。数回に一度の爆発がビッグボーナスになり、それが主な収入源となる。極端な話、爆発しない時は負けなければよいだけであり、負けないどころか一万円でも二万円でも儲ければ、これほど都合の良い展開はない。皆様のご健闘を祈る。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親 (最強攻略法・海殺しXの開発者) 

<甘デジ攻略情報> 



ドラム海物語関連>

関連コラム:ぶるぶるチャンス&ウリンチャンスの法則

一発告知の法則を知り海物語各機種に勝つ!

 注目コラム  パチンコ勝ち組への転身~縦横無尽に攻略法を駆使する!
一発告知 

 海殺しX事務局便り海物語シリーズ攻略のための「一発告知」学と題した中篇コラムを公開しました。リヴィエラ倶楽部に寄せられるお問い合わせの中でも、一発告知に関するご質問はかなりの数にのぼります。皆様の疑問を解決すべく執筆したわけですが、攻略のための重要な糸口を提供しておりますので、ただ漠然とお読みになられるだけではなく、しっかりと学び、今後の攻略にお役立て下さい。

 海物語シリーズの醍醐味は演出の一つひとつに隠されたメッセージが秘められていることです。それらを正確に読み解くことのできる人はごく僅かです。しかし、一般のパチンコファンも海物語シリーズを頻繁に打つ人は「以前にもこんなことがあったような・・・」、「なんとなく爆発する予感が・・・」と肌で感じることができます。

 良い予感が的中し、予想を遥かに上回る大量の出玉を獲得できた時には「やはり、パチンコは海物語に限る」と思い込み、次の日もまた勝負に出かけます。(しかし、素人はなかなか連勝できず、勝ったり負けたりの繰り返し)SANYOというメーカーがパチンコファンの大半を海物語ファンにしてしまう手法には心理学の要素を垣間見ます。

 最強攻略法・海殺しXのユーザーの皆様は勝ったり負けたりの繰り返しでお釈迦様(SANYO)のてのひらの上で弄ばれる孫悟空になってはなりません。一つひとつの事象を徹底的に研究することにより、常勝街道をひた走るスーパートッププロを目指して日々精進を重ねていただきたいものです。 
リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)