FC2ブログ

海殺しXの記事 (1/1)

最強攻略法・海殺しXで「青い鳥」と出逢った人たち

coffee-2700201__340.jpg

オススメ【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)

リヴィエラ倶楽部のこだわり

 最近は当ブログの姉妹サイト、海殺しX事務局便りへのアクセス数が急伸している。特に読者からの反響が大きいカテゴリーは「購入者からのお便り」である。購入者の声を伝えることは宣伝のためによく使われる手法であるが、当倶楽部は購入者からいただくメールの全てを敢えて公開していない。

 「いくら使ってこれだけ儲かった」というだけの文章のオンパレードでは、読む人もすぐに飽きてしまうし、第一に信憑性が疑われる。私はいただいたメールに独自のコメントや評論を加えて、「時間をかけて読んだ甲斐があった」と読者に思っていただけるレベルの記事に仕上げているつもりである。

 昨今はブログに加えてフェイスブックやツイッターなどが盛んになっている。しかし、どの媒体の記事も鑑賞に耐え得るレベルのものはほとんどない。フェイスブックでは、大半の人々が連日のように食べ物や景色の写真をアップロードしているが、こういうものを見るのは時間の無駄以外のなにものでもない。当倶楽部は常に読者の存在を意識して、読みやすく中身のある記事を世に出すことだけにこだわっている。「貴重な時間を費やして読んだのに、何一つ得るものがなかった」と言われることがライターにとっては一番辛いことである。

購入者と分かち合う人生の喜怒哀楽

 私は最強攻略法・海殺しXの購入者が単にパチンコの腕を上げるだけにとどまらず、「海殺しXと出逢えて本当によかった」と言っていただくことを目標に顧客サポート(購入後のメールによる質疑応答等)に全力を尽くしている。少ない人手で多数の顧客の対応をしているため、なかなか迅速に返信することができないのが目下の悩みであるが、人によってはメールの交換を何度も続けているうちに、その人の人生に起こる悲喜こもごもの出来事を分かち合うようになる。

パチンコ攻略の先にあるもの

 当倶楽部は創設以来、一貫して「パチンコは人生の夢を実現するための手段にすぎない」と主張してきた。手段と目的を混同してはならない。健康になるためにジムに通って体を鍛えたり、健康食品を買ったりするのは手段のための手段である。健康な体を作るという手段を用いて、健康になってから如何にして人生をエンジョイするかということに本来の目的がある。

 パチンコに勝つことだけが目的の人生ほど空しいものはない。パチンコで稼いだお金で自分の本業収入だけでは成し得ない、なんらかの野望の達成を経験して、「海殺しXと出逢えて本当によかった」ということになる。

 当倶楽部に寄せられる購入者からのメールの大半は質問、礼状、戦績報告にとどまっており、残念ながら、現時点では私どもが提唱する人生のDrastic Change(大転換)を経験したという証言はまだまだ少ない。しかし、「海殺しXと出逢えて本当によかった」と言って下さる方は枚挙に暇がなく、「海殺しXに助けられた」、「海殺しXとの出逢いで人生観が大きく変わった」というようなメールは頻繁にいただくようになった。

傑作記事のラインアップ

 今回は事務局便りに掲載した記事の中から購入者の喜びと感動を伝えるものを厳選してここに紹介する。

 最強攻略法・海殺しX購入者の資産管理ノウハウ

 ↑東京都庁に勤務する某氏が考案された鉄壁の貯蓄法  

 面倒なことが苦手な私はいまだに実践できていないが、購入者の方々には奨励している。(自分が実行していないことを人に勧めることには少々気が引けるが・・・) パチンコでプロになると決めたその日のうちから実践することによって、青い鳥に出逢える日が近づくかもしれない。

 リンク先の記事では紹介していないが、後日、某氏からいただいたメールには、「私の人生を切り拓いたもの、それは一流の大学に進学できたことでもなければ国家試験に合格できたことでもありません。間違いなく海殺しXとの出会いです」という名文が添えられていた。

 都庁勤務というのも決して楽ではないらしい。生活は安定していても、若いうちから生涯収入が計算できてしまうため、これから先もその範囲内での生活しかできないと悟り、某氏は落ち込んだという。平凡な官僚人生に満ち足りない思いをしていた某氏は海殺しXとの出逢いを機に大きく羽ばたいていった。あまりにもプライベート色の濃い内容のものが多く、中にはかなり生々しい話もあるため、数々の仰天エピソードを公開できないのが唯一の心残りである。

 海殺しXで「人生の逆境」を凌ぐ人

↑沖縄に住む23歳の青年が不幸にして失業したにもかかわらず、海殺しXのお陰で路頭に迷うことなく、十分な生活を続けているという微笑ましい話

 夢が実現したというよりは、人生のピンチから救われたという体験談であるが、海殺しXと出逢えてよかったということには変わりがない。物価や賃金が本土と大きく異なる沖縄の水準を考慮すればなかなかの稼ぎといえる。但し、私どもの攻略ノウハウは購入者の全員が確実に勝てることを保証するものではないので、現在失業中の人の安易な気持ちからのお申し込みはご遠慮いただきたい。

 【祝】限りなく素人に近いセミプロの誕生!

↑パチンコを始めたばかりの会社経営者が9か月間で約140万円も負け、活路を見出すべく海殺しXに全てを賭けた話 

 この記事に登場するK.Aさんは申込時に当倶楽部のことを信用しておらず、いろいろな疑問を投げかけてきたが、私は誠実に対応した。その後、持ち前のガッツでAさん購入から一か月も経たないうちに快進撃を始める。ちなみに、記事のタイトルはAさんの謙遜な表現をそのまま拝借したもの。追記にもあるように、現在のAさんの実力は「限りなくトッププロに近いプロ」と言うべきであろう。当初はお互いに紳士的な文面の中にも多少、火花が飛び散る激しいメールを交し合った関係であったが、今では家族の話、仕事の話、人生観なども語り合うメル友となった。私はAさんの能力を高く買っており、経営者という時間の制約を受けにくい立場(日中にパチンコを打っているという)を考えれば、この先、さらにブレークして、とてつもない金額を稼ぎ出すプロになれるかもしれないと期待を寄せている。


 若い女性から届いた泣けるメール

↑ 保育士の女性が結婚後に手に入れたささやかな幸せ

 その幸せが海殺しXと密接な関係にあることが注目に値する。当ブログの前々回の記事、海殺しX購入者から舞い込んだ感動のメールでもすでにレポート済みのため、最後に回したが、感動度では間違いなくこれがナンバーワンであろう。(と思うのが私一人ではないことを祈っている)

 この記事の主人公は名古屋に住むEさんという女性。彼女とは数年前まで数え切れぬほどのメールの交換をしていたが、急に交流が途絶えた。いつも楽しいメールを下さる方であったので、私は寂しく思いながらも彼女のことを案じていた・・・

 彼女からの久々のメールが来た。それは大きなサプライズを伴うものであった。彼女の抜群の文章力と万感の思いを書き綴った情熱を目にして私も燃え、一生忘れることのない記事が完成した。パチンコでいくら勝ったという単純なエピソードではない。夢の翼、最強攻略法・海殺しXをはためかせ、ついに幸せを勝ち取った一人のヤングミセスの手記は後世にわたって読み継がれてゆくに違いない。(ちょっと大袈裟かな?)

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

<注目コラム>

スーパー海物語IN沖縄4桜バージョンとドラム海物語の攻略

パチンコ勝ち組への転身~縦横無尽に攻略法を駆使する!

【パチンコ攻略】リーチ信頼度の科学(好調台の打ち方)

ホルコンと突確に関する断想(攻略の糸口)

【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項

カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

パチンコルネッサンスの幕開け


<当ブログの人気コラム>

パチンコ攻略法の誤った概念を正す!~本物と偽物との違いを示す攻略ブログ

最強攻略法・海殺しXの公式HP


young-woman-2622725__340.jpg
New→海殺しX、大海物語4で大爆発!
スポンサーサイト

海物語アクアWith吉木りさの攻略

summerfield-336672__340.jpg

 最強攻略法・海殺しXサロンに海物語アクアWith吉木りさ 好調台の特徴(←クリック)と題した攻略記事を掲載しました。

 海物語アクアWith吉木りさは遊パチ(甘デジ)ながら爆発台は短時間内に15ラウンド当たりを頻繁に出します。他の遊パチよりもスピードに勝り、ロム状態が好調サイクルに突入中の台は一気に5箱以上積み上げる力を秘めています。

 遊パチで箱以上というのは、通常のパチンコの15箱以上に相当する爆発です。一気に5箱以上積み上げた後はその反動で伸び悩み、当たったり飲まれたりを繰り返しながら次第に積み上げたドル箱の数を減らしてゆくパターンが一般的です。さらに獲得出玉の記録を更新するとすれば、それは相当な時間が経過してからです。(ホルコンでつながった同じグループ内に新爆発台が誕生して、その台が限界まで出し続けて死に台になった後など)

 したがって、効率よく儲けるためには、一台だけで勝とうとせず、一台で5箱以上積み上げた後は未練を断ち切り、別の台で再び一気に5箱以上獲得することを狙うのがプロの打ち方といえます。台を移動するたびに爆発に成功すれば、遊パチのメリットを生かして、低投資で当てて、通常のパチンコ並みの出玉を獲得することが可能です。

 好調台の特徴を知らずに、まだまだ出る台を平気で手放す人をよく見かけます。何度も5ラウンド当たりを繰り返す台に業を煮やした人がST終了後に怒って台を変えたり、遊戯そのものをやめる光景を頻繁に目にしますが、そういう台を拾って、適切なタイミングで打ち出すことさえできれば、簡単に勝つことができますので、これほど攻略に向いた機種は他にはないと思います。上記のリンク記事をお読みになられた皆様のご健闘をお祈りします。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親(最強攻略法・海殺しXの開発者)

<甘デジ攻略情報>

【甘デジ攻略】爆発力のある台選び(勝てる立ち回り)
【海物語シリーズ】甘デジ攻略の必修事項
【甘デジ攻略】保留連荘と特殊リーチの秘密

最強攻略法・海殺しXの公式HP
soap-1665757__340.jpg

New→海殺しX、大海物語4で大爆発!


海殺しXを詐欺と喧伝する記事は真っ赤なウソ

捏造詐欺報道

事実無根の言いがかり

 リヴィエラ倶楽部が販売する最強攻略法・海殺しXを詐欺であると中傷する事実無根の捏造記事が出ました。もちろん完全な濡れ衣です。そのサイトはギャンブル系の情報商材を片っ端­から糾弾するふりをして、非常に腹黒い印象があります。小さな文­字で「全ての業者、団体、個人を詐欺と断定している訳ではありま­せんのでご了承ください」と巧みに言い逃れの道を作り、連日のようにネット上に存在するパチンコ、スロット­、競馬、競輪、宝くじなどの攻略サイトを探し当てては団体名、代­表者名、所在地などをブログ上に公開し、実質的には詐欺商法と断­定しているに等しい文面で名誉毀損行為に及んでいます。

 そのサイ­トには私どもが「無料もしくは小額の登録料や入会金で始めさせ、­出ないと、『もっと良い情報、特別な情報がある』と言ってくる」­と書かれていますが、私どもは客寄せ目的(?)の無料攻略法など提供していませんし、­登録料、入会金の制度すらありません。ましてや攻略に失敗した­購入者に別の攻略法を押し売りするようなことは一度たりともしたこと­がありません。私どものホームページ(下記参照)をご覧になって­いただければ一目瞭然ですが、そもそも私どもはそんなに沢山の商­品を持っていません。

 又、そのサイトによれば、押し売りした攻­略法でもうまくいかない人に「それが出ないと『今度は間違いない­。今度外れたら返金する』などと言って再度料金を請求される」と­あります。私どもは神に誓ってそんなヤクザまがいの商売をしてお­りません。しかも驚いたことに、そこで槍玉に挙げられている他のパチンコ攻略サイトの批判も完全に同じ文章になっています。まさに悪質極まりない報道です。

 このフォーマット化された文章に書かれている内容は、数年前に大きな社会問題に発­展したダーティーな攻略業者の実態そのものです。現在は偽攻略­法の被害者を救済する弁護士らの活躍により、そのような業者(法­外な金額でデタラメな情報を販売していた)の大半はネット上­から姿を消しています。皆様におかれましては、相反する情報をご­自分の目で慎重に比較検討された上で正しい判断を下していただき­たく宜しくお願い申し上げます。

 中傷記事が絶えない背景

 そもそもこの類の中傷記事にはなんらかの狙いがあります。最も多いのが同業他社からの嫌がらせです。インターネット上には玉石混交のパチンコ攻略情報が溢れかえっています。料金も似たり寄ったりです。攻略法を購入される方々の大部分はまず幾つかの信頼できるサイトを絞り込み、価格、内容等を総合的に判断して、最終的には一つか二つの攻略法を購入されるものと思われます。パチンコ攻略法ほどイメージの悪い商品(?)は世の中にありませんので、慎重な人ならば自分が購入を検討している攻略法に悪い噂がないかどうかネット検索で調べるはずです。それを見越して、同業者の悪い噂を捏造している品性下劣な業者が後を絶ちません。ライバルを「風評被害」の犠牲にして自分たちの売り上げのアップをもくろむのは人間として実に情けない行為です。何故、他の業界のように正々堂々と品質で競い合おうとしないのでしょうか。私どもには解せません。

多種多様な攻撃方法

 風評被害を発生させる手口は無数にあります。

(1)偽攻略法を告発するスタンスのブログを立ち上げ、強力なライバル業者を中傷してその評判を下げる。
(2)Yahoo!知恵袋のような質疑応答サイトにライバル業者の攻略法を信じてよいのかという内容の質問を出し、「あれは詐欺ですよ」というような回答を自作自演する。
(3)自分が販売する攻略法の購入者の反響と称して、「今まで○○や△△といった攻略法を買いましたが効果がありませんでした。でも、御社の商品を買ってはじめて勝てました」というような捏造文面でさりげなく(?)同業他社を中傷して、その評判を落とす。
(4)2チャンネルをはじめとする掲示板で同業他社を中傷してその評判に傷をつける。

 手口は他にもいくらでもありますが、話の本質から逸れますのでこのくらいの紹介にとどめておきましょう。特に(2)は噴飯ものです。鈍い人は自作自演に気づかないでしょうが、よく見ると不自然なことが多すぎます。質問の時刻と回答の時刻が表示されていますが、問した直後に回答者が現れるというのはどう見ても滑稽です。

 
世間を賑わしている大問題であればわからないわけでもありません。たとえば、佐村河内さん(作曲家?)に関する質問でもすれば、世間の注目度も高いと思われますので、すぐに回答者が現れることでしょう。しかし、世の中でパチンコ攻略法に興味のある人は非常に限られています。又、リヴィエラ倶楽部に一般的な知名度があるとは到底思えません。それなのに、質問の直後、首尾よく親切な回答者(?)が現れるのは不自然極まりないことです。

 リヴィエラ倶楽部のことを知っている人は日本でもごく少数でしょう。名前くらい聞いたことがあるとしても、誰が「その攻略法はインチキです」と断定できますか。普通に考えればすぐにわかることですが、私どもと競合する勢力しかそのような不正行為を働くわけがないのです。例外として十分に有り得ることは、世間ではパチンコ攻略法を十把ひとからげにして全て偽物であると思い込んでいる人が少なくないので、そういう人たちが思いつきで無責任な回答をしているというケースです。今、インターネットの匿名性は社会に大きな混乱をもたらしています。

 (3)も器の小さい人物が思いつきそうな猿芝居です。こんな姑息なことをしてまで潜在顧客に自分たちの攻略法を選んでもらいたいのでしょうか。私どもは同業者の中傷など過去に一度も行ったことはありません。(人の道として当たり前のことにすぎませんが・・・) 一人を除いてメンバー全員がカトリック信者であるリヴィエラ倶楽部は生涯を終えた後に天国に行けないようなことは一切しません。私どもも購入者の声をホームページに紹介していますが、実名入りの同業他社批判コメントは全て削除した上で掲載しています。宗教的な信条のみならず私どもには顧問弁護士がおります。万一、私どもが悪行を働けば、良好な関係にひびが入り、相談に応じていただけなくなります。

新種の手口

 今回の事実無根記事は新種の手口です。先方の狙いが明確に見えてきませんが、とにかく無数の団体、個人を告発していることから「並みの組織」ではなさそうです。皆さんはできますか?なんの根拠もなしに他人の実名、会社名、団体名などを公の場で晒し、あたかも詐欺であるかのように報道することが。たとえ良心の欠片すらない人であっても、怖くてできないはずです。当然ながら抗議の殺到が予想されます。それをなんとも思わない人たちは一体どういう人種なのかということを想像して下さい。ネット上に事実に反する自分の情報があれば誰だって立腹します。もしかして、このたびの刺客は抗議してきた人に対し、「記事を削除する条件として金を出せ」とでも言うのかもしれません。

背後にあるものは検索順位

 いずれにせよ、今後もこのような中傷は絶えないでしょう。私どもが最強攻略法・海殺しXを販売し始めた頃にはなんの風評被害もありませんでした。ところが、ホームページがヤフーやグーグルの検索で上位に出るようになってから定期的に攻撃を受けるようになりました。これも笑える話です。結局、インターネット上のビジネスはなんであれ、検索順位で決まってしまうのです。検索ですぐに見つからないサイトは如何に商品が優秀であっても売れることはありません。検索で上位に出る攻略法が詐欺疑惑にかかっていれば、必然的に潜在顧客は「次を見る」をクリックして、本来であれば決して見ることもないであろう10ページ目、20ページ目に表示されている攻略法にも目がとまるというわけです。このようにして検索順位の低い業者が顧客を獲得することになるのでしょうが、企業活動として同業他社の悪い噂の捏造を恒常的に行うというのはまさに狂気の沙汰であります。

ラッキーなことに・・・

 捏造記事や事実無根の中傷を目にすると本当に悲しくなります。我が子が学校でイジメに遭っている親の心境です。しかし、運が良いことに今まで何度も悪意のある人たちから攻撃を受けてきたにもかかわらず、私どもの月々の売り上げ(元々たかが知れていますが・・・)は常に安定しています。どんなに悪い噂がたっても、人々の信用を失わずにすんでいます。これだけが唯一の救いかもしれません。検証に検証を重ねた上で構築した私どもの攻略理論は少々のことではたじろぐことがありません。購入者の皆様とは今後も末永いおつきあいをさせていただくつもりです。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

P.S. またしても似たような手口の捏造情報が出ました。それに対する反論は別のブログで行っております。(下記参照)

海殺しXを詐欺呼ばわりする詐欺業者

【追記】 当倶楽部を中傷したサイトを運営する会社はその後、当局により営業停止処分になりました。警視庁のホームページにも社名が公表されています。ところが、少しも懲りずにすぐさま別名の新会社を立ち上げ、再び浅ましい犯罪行為(詐欺被害者を救済するふりをした着手金詐欺)を展開している模様です。ここまでくるともはや人間のクズです。

<当ブログの人気記事>

最強攻略法・海殺しXで「青い鳥」と出逢った人たち


最強攻略法・海殺しXの公式HP

被害

海殺しX中傷記事に反論 

rage-1564031__340.jpg

 最強攻略法・海殺しXサロンにて海殺しXを詐欺であると中傷した記事への反論を掲載しました。海殺しXを中傷した人物にはなんの恨みもありませんが、私は我が子が学校でイジメられているような悲痛な気持ちになりました。徹底した分析と検証を通じて開発した海殺しXは購入者の評判も上々です。我が子ともいえる海殺しがこのような不当な扱いを受けるのは遺憾なことです。海殺しXファン、及び海殺しXのご購入を考慮中の方々は下記の記事をご高覧下さい。

↓ここです! (詐欺とは心外です。ご自分の目でご評価下さい)
海殺しXの評判を貶める中傷記事への反論

 海殺しXをこよなく愛する皆様方へ、海殺しXの生みの親から送る、海殺しXを守るための声明でした。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

追記:上記の中傷とは別に新たな捏造記事が出現しましたので心ならずも反駁致しました。↓(2014.9.25)

海殺しXを詐欺と喧伝する記事は真っ赤なウソ

海殺しX(PV) ←現在、YouTubeにて最強攻略法・海殺しXの紹介動画を公開中です。

christmas-2597840__340.jpg

New→
海殺しX、大海物語4で大爆発!

最強攻略法・海殺しXサロンの紹介

computer-room-1488311__340.jpg

 リヴィエラ倶楽部は海殺しXファンの憩いの場として新ブログ最強攻略法・海殺しXサロンを立ち上げました。海殺しX、海物語関係の話題に限らず、私の人生観を反映したウェブサイトの構築を目指します。すでに最強攻略法・海殺しXをご購入済みの方々には、是非ともお立ち寄りいただきたく存じます。最強攻略法・海殺しXをまだご存知ない方々も歓迎致します。リヴィエラ倶楽部の理念、海殺しXの魅惑の世界に皆様をいざないます。

緊急声明「海殺しX中傷記事への反駁」

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)


最強攻略法・海殺しXの公式HP
newsletter-1990747__340.jpg

New→
海殺しX、大海物語4で大爆発!

【一撃多連荘】カシオペア攻略術販売のお知らせ

universe-2266886__340.jpg

 ユーザーの皆様、いつもリヴィエラ倶楽部に暖かいご支援を賜り、誠に有難うございます。リヴィエラ倶楽部は本業を持つパチプロ小人数が運営する団体ですので、連日のように舞い込む皆様からのメールへの返信に迅速さを欠いていることをまずお詫び申し上げます。

 リヴィエラ倶楽部では、最強攻略法・海殺しXを武器に勝ち組に入った方々に、更なる成長を遂げていただくべく「スーパープロフェッショナルレッスン」の販売を目指しておりますが、情報量が半端なものではなく、未だに完成に至っておりません。ただ売れば良いという安易な発想はリヴィエラ倶楽部にはありません。販売するからには皆様に確かな手応えをもって攻略情報を駆使していただく必要があります。それが私どもなりの良心であり誠意でもありますので、有限不実行の謗りは承知の上で、もう少々お時間の猶予をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

 さて、標題の件につきまして、皆様に報告させていただきます。このたび最強攻略法・海殺しXと併用して荒稼ぎが期待できる新ノウハウ「カシオペア攻略術」を販売するはこびとなりました。カシオペア攻略術は元々、スーパープロフェッショナルレッスンのひとつの単元として組み込む方針でしたが、これだけでも独立した攻略術であるため、急遽、方針を変更してオプショナル商品として位置づけることに致しました。

 カシオペア攻略術は一年以上にわたって検証を繰り返し実証された新理論&攻略法です。優良ロム台の狙い撃ちが攻略の要となるため、手堅い勝利が見込めます。

 すでにスペシャルパック(もしくはベーシックパック+プレミアパック)を購入されたユーザーのみを対象としているため、極めてお求め安い価格(一万円)での販売となります。

 スペシャルパック(もしくはベーシックパック+プレミアパック)を未購入の方々には販売致しません。カシオペア攻略術のテキストは最強攻略法・海殺しXのノウハウをすでに習得されていることを前提に記述されているからです。

1. 概要

 さて、ここでカシオペア攻略術の概要を説明させていただきます。この攻略ノウハウのユニークな点は二日がかりで攻略にとりかかる点にあります。

 まず攻略予定日の前日、夜九時以降にホールの状況を観察します。(打ちながらの観察も可)そして、ある現象(複数)が発生した台番号を可能な限りメモ帳に書き込んでゆきます。(※この攻略にすっかり慣れた頃には、頭の中がコンピュータのようになり、メモなどしなくてもすむようになります)

 チェックすべき現象は沢山あり、特別な観察はしなくてもデータ上から簡単に調べることのできるものもあれば、少し気をつけていなければ見逃してしまう一瞬の出来事もあります。なるべく多くの事柄をメモした方が確実ですが、データ上でわかることだけでも十分に勝負にはなります。(※ データ収集とは, プレミアム海物語及び新海物語Withアグネスラムのボタン操作で行う至って簡単なものです。データロボ等の機械を使用しなければならない複雑なものではありません)

 そして、翌日の午後2時以降の時間帯に前日に目をつけた台で攻略を開始します。

 前日の調査が丹念であればあるほど、当日に打てる台が増え、楽しみが倍増します。一見すると、少し面倒なようですが、条件(環境)さえ整えば、一気に爆発させる可能性を秘めた夢いっぱいの攻略ノウハウです。

 好調サイクルに入っている台(=ロムの良い台)はホルコン抽選で何度も当たり番になりやすい上、確変多連荘がメインとなって短期間にドル箱を積み上げます。

 つまり、カシオペア攻略術はホルコンの習性に特化した攻略ノウハウですが、当たるための条件を満たさぬ限り、優良ロム台ではあってもなかなか当たらず、爆発のための条件を満たさぬ限り、当たったとしてもしばらくはダラダラしたペースに引き込まれてしまうことがあります。打つべきタイミングが運命の分かれ道となります。そのへんのノウハウを詳細に教示するのがカシオペア攻略術です。

2. 適格ユーザー

 カシオペア攻略術の使用に向いているユーザーは比較的時間のゆとりのある方です。子育てを終えた専業主婦の方、すでに定年退職をされている方はもちろんのこと、何かとお忙しい企業戦士の方であっても週休二日制の企業にお勤めの方には非常に向いていると思われます。

 たとえば、金曜日の夜、一杯飲んだ後にホールに出向き、指南書に忠実にホールを観察します。従業員に怪しまれないように少しは打っているふりでもしながら巧みに観察を行うのも良いかもしれません。そして、休日である土曜の昼下がりに作戦を決行します。

 「打っているふりをしながら観察するなんて、とてもそんな芸当はできない」という方は閉店間際の30分間を用いて誰も打っていない台のデータチェックだけして下さい。調査の精度は多少落ちますが、これだけでも十分に勝負にはなります。

 さて、そして翌日に作戦を決行するわけですが、まず前日の調査結果をもとに複数台で試し打ちすることから攻略が始まります。但し、前日の調査をもとに割り出した台をただデタラメに打てばよいというものではありません。

 周囲の状況から判断して、前日の調査結果をもとにどの台をどのタイミングで打つのかということに関してはテキストに記載されている指示を厳守して下さい。さもなければ、一万円以上浪費して「全然当たらないじゃないか」を捨て台詞を吐いて捨てたばかりの台を別の客に取られてたちまち大爆発を許してしまう危険があるからです。

 さて、幸いにも作戦がすぐに功を奏し、爆発が実現した場合、シマ全体の台の稼働率が高ければ、午後2~3時のある時点で爆発がスタートしたのであれば、その台は5~6時のある時点までシマを支配するチャンピオン台として君臨する可能性が高いといえます。ここにカシオペア攻略術の最大の醍醐味があります。

 又、このノウハウのキャリアに裏打ちされた正確な判断力が要求されることですが、ある台を爆発させた後に適当なところで見切りをつけ、次の有力台に移動して爆発させることも不可能ではありません。「爆発×2」ですから実現すれば笑いが止まらぬ展開となります。

 ホールの客入りが悪い場合は、一気に爆発せずに時間をかけてドル箱を積み上げる優秀台になることが多く、その場合は途中で「中休み」の軽いハマリが来ることもありますが、不運なことが起こらぬ限り、基本的にはサイクルが落ちるまでの間は積み上がる展開となるのが一般的です。(但し、やめ時は重要!)もちろん、時間効率上は前者の方が断然得です。

 ある程度、稼いだ後の行動はユーザーの皆様の自由ですが、もし翌日も勝負をされたい場合は、再び9時以降にホールに入店し、例の観察・調査を実行して下さい。そして、日曜の昼下がりに作戦の第2弾にとりかかるのです。

 便宜上、週末を例に話を進めましたが、当然ながら週末に限らず平日でも同じことです。

3. 長所と短所

 カシオペア攻略術の長所はいったん当たりさえすれば、その後、台移動をせずに(その台を信頼して)打ち続けることができる点にあります。

 最強攻略法・海殺しXの通常攻略では5~6連荘後に少し悩む展開になりやすいことは、ユーザーの皆様であれば痛感されていることでしょう。

 5~6連荘後は程度の差こそあれ、数百回転のハマリに入りやすい仕様になっています。最悪の場合は大ハマリも有り得ますので、その台を捨てて別の台に移るべきかどうか判断に迷うことが頻繁にあります。爆発台であれば、時短終了後、さほど玉を減らさないうちに再度の当たりが来て、再び多連荘することがわかっているだけに、同じ台で勝負を続行するか安全第一に勝ち逃げするかは非常に悩ましいところです。

 しかし、カシオペア攻略術はその点で優れています。一気に10箱以上積み上がる可能性が高いため、迷わずに勝負続行が基本的な考え方です。(但し、多連荘の後にふた箱以上失った場合はその台の復活を狙うことよりも、前日の調査結果をもとに別の有力台への移動を推奨致します)

 次にカシオペア攻略術の短所ですが、前日の閉店間際の観察が必須となるため、気の短い人(ギャンブラー気質が強く、手当たり次第、打っていなければ気がすまない人)には絶対に向かないということです。

 又、ホールの客入りが良すぎる時、台の稼働率が高ければ高いほどたちまち10箱以上を積み上げるクイック爆発が期待できる反面、自分がプレーできる台は常にひとつだけですので、爆発が期待できるその他の台に他人が頻繁に座ることになります。つまり、他人に爆発をさらわれやすいというデメリットもあります。もっとも、これはいつパチンコを打つ時にも不可避な必然のさだめですので我慢するしかありません。しかし、爆発の可能性が高いことがわかっている台を人に取られて爆発を許すということは精神的に少しこたえます。

 たとえば、打つべき台がA、B、Cと3つあり、A台かB台か迷った挙句、A台を打ったら直後にB台に座った客が爆発すれば、やるせない気持ちになります。A台を諦めてC台に移ったら今度はつい先程まで自分が打っていたA台に座った客に当たりが来て爆発というようなパターンもなきにしもあらずです。このようなショックに耐え得る精神力(?)が問われます。

 シマ全体の台の稼働率が芳しくない時は一気に10箱以上獲得することが難しくなります。その反面、台移動は自由自在ですので、小額投資で多連荘させてた後は長々と粘らずに勝ち逃げするのが鉄則となります。夢はあまりありませんが、人によってはこちらのほうが向いているかもしれません。理想的な台の稼働率(推奨環境)は50~70パーセントですが、40パーセント程度でも使用可能です。しかし、30パーセントとなるとあまりお勧めはできません。

4. むすび

 結局、カシオペア攻略術はこんな人のためにあると言えます。
 ● 着実を好む人
 ● パチンコのゲーム性を楽しむのではなく、稼ぐことのみに執着する人
 ● 副収入を稼ぐために「仕事感覚」でパチンコを打つ人
 ● 蓄財のためには少々の苦労は厭わない人
 ● 冷静沈着な人

 これらの適性は最強攻略法・海殺しXの通常攻略と完全にイコールではありますが、よりその傾向が顕著であるということです。

 楽しみが全くないわけではありません。狙い通りになった時の爽快感は言いようがないものですし、何よりも稼いだお金で自分の夢を実現する時にユーザーは幸福の極致を味わいます。

 パチンコで勝つこと自体に喜びを見出すのではなく、パチンコをやらなければ到底実現できなかったこと(例・海外旅行、高級家具の購入、慈善団体への寄付・・・etc.)がパチンコのお蔭で実現できた時、あるいは、途轍もなく遠大な夢がパチンコを通じて実現した時にこそ喜びをかみしめるべきである、というのがリヴィエラ倶楽部が皆様に送るメッセージです。

5. 注意事項(重要)

 最後にご購入にあたっての注意事項を申し上げます。前述致しましたように、本商品はスペシャルパック(もしくはベーシックパック+プレミアパック)を購入済みでない限り、皆様のご理解に空白部分が生じてしまいます。以下のルールを設けますので、事情ご賢察の上、ご協力の程、お願い申し上げます。

 皆様は次の(1)~(3)いずれかに分類されます。ご自分が該当する箇所の注意事項に目を通して下さい。

(1)すでにスペシャルパック(もしくはベーシックパック+プレミアパック)を購入済みのユーザーの方で本商品を購入希望の方は本商品のみをお申し込み下さい。

(2)スペシャルパック(もしくはベーシックパック+プレミアパック)を未購入の方(=リヴィエラ倶楽部の顧客リストにお名前のない方)で本商品を購入希望の方は、恐れ入りますが、スペシャルパックと本商品を同時にお申し込み下さい。(もちろん、最初にスペシャルパックのみを申し込まれ、後日、本商品を申し込まれるのは一向に差し支えございません)

(3)ごく少数の方々にすぎませんが、ベーシックパックのみを購入済みの方で本商品を購入希望の方は、恐れ入りますが、プレミアパックと本商品を同時にお申し込み下さい。

緊急声明「海殺しXの中傷記事への反駁」

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

関連記事:

カシオペア攻略術を甘デジに使用する際の注意点

海殺しX(PV) ←現在、YouTubeにて最強攻略法・海殺しXの紹介動画を公開中です。

最強攻略法・海殺しXの公式HP
IMG_3464-1.jpg
New→
海殺しX、大海物語4で大爆発!

海殺しX / パチンコ事始

rabbit-2137741__340 (1)

元日からパチンコ

 昨年の11月頃から本業が急に忙しくなってしまった。度重なる海外出張に悲鳴を上げ、猫の手も借りたくなるほど身動きが取れなくなってしまった。ようやく訪れた日本での休日、元日からハイパー海物語INカリブを打ってみようと思った。

 ところが、行きつけのホールは超満員。パチプロといえども、この状況では負けることもある。「すぐに当たる台」、「爆発する台」は見抜けても、すでにそこには人が座っている。やめるのを待っても、やめればもう座席が取れないとでも思うのか誰もやめてくれない。ホールにとっては最高の状況が訪れた。一人ひとりが休むことなく打ち続けるので、お金が落ちる、落ちる。その結果、一部の台が爆発し、爆発しなくても時間をかけて好調にドル箱を増やす台もあり、全体的には出しまくっているように見えるが、ハマリ台からの回収で十分な利益になっている。

 こんな時、妥協してあまり気の進まない台を打つとプロでも簡単に負けてしまう。私はじっと忍耐して3時間ほど打たなかった。3時間も打たずにブラブラしているのは苦痛以外のなにものでもない。私の行きつけのホールにはソファがなく、ずっと立ちっぱなしを余儀なくされた。このような状況に備えて日頃からジムで体を鍛えているが、それでも精神的な疲労は防ぎようもない。

 やっとお目当ての台が空いた。その台を打っていたおじさんは800回転を超えるハマリにうんざりしたのか如何にも不機嫌そうな表情で帰っていった。その台がひとたび当たればとてつもない爆発をする可能性を秘めているとは知らずに・・・。

 私はその席をキープした後、しばらく打たずに台を寝かせた。そして、リヴィエラ倶楽部の秘伝「ウルトラ速攻法」が使用できるチャンスが到来したのを確認して、間髪入れずに打った。わずか500円で単発当たりが来て、それが時短で確変を引き、最高9連荘を含む計18箱まで伸びた。わずか2時間の出来事であった。

私のパチンコデビュー

 その晩、私は元日から営業しているカフェバーでひとり酒を飲みながら、パチンコとの出会いと今日までの歩みを思い出していた。店のシャンデリアから放たれた光がグラスのカクテルに反射して不思議な残影を浮かべていた。

 はじめてパチンコを打ったのは14歳の時であった。年齢の割には長身で少し老けて見えた私は18歳以上と思われたのであろう。店員からお咎めを受けることは一度もなかった。当時のパチンコはチューリップ台が主役であった。CR機が世に出る遥か前の話である。チューリップ台はクギ読みで全てが決まる。当時は釘師が、毎日、各台のクギをいじり、良い台、悪い台、普通の台を作っていた。今でこそクギなど見ずに打っているが、当時はクギ読みに全力を注いだ。クギさえ良ければ必ず勝てる時代でもあった。逆にクギの悪い台に座れば、中学生のポケットマネーなどたった一回のパチンコで消えてしまう。

 はじめて勝った時の興奮は今でも忘れられない。300円の投資が1200円になった。わずか900円の利益にすぎないが、中学生の私には自分の力で稼ぎ出した、たった900円の利益が嬉しくてならなかった。

不気味な換金所

 当時の換金所は今とは違い、摩訶不思議な場所にあり、一種独特の怪しげな雰囲気を漂わせていた。たとえば、ラーメン屋の脇に10センチ四方の小さな窓があり、ブザーを押すと窓が開く。窓には片手しか入らない。換金用の景品を窓越しに渡すと、お金を握ったおばあさんの手がにょろりと出てきたりする。

 あるホールの換金所はさらに不気味であった。昭和初期か大正末期に建てられたと思われる廃屋があり、窓ガラスの一部は割れ、お化け屋敷のようなその家は蔦(つた)の葉で覆われている。その家の脇に幅1メートルの狭い通路があり、陽は当たらず、塀にはコケが生い茂っている。人がすれ違う時、一人は廃屋に、もう一人は汚い塀に背をもたれ、視線がぶつかり合う気まずいムードの中、しばらくカニ歩きをしなければならない。

 女性ならばとても行く気にはなれない場所であった。通路を10メートルほど進み右に回ると、何故か上にはヘチマがぶら下がっている。ヘチマの下をうつむきながら歩いていくと、足元にはガラスの破片、錆だらけのブリキ板、誰かの小便の痕跡などが嫌でも視界に入ってくる。薄汚いことこのうえなく、息を止めながら、そして、ヤクザ風の人とすれ違いながら、ようやく換金所にたどりつく。そこにはプレハブ作りの小屋があり、やはり小さな窓があった。もちろん、こんな場所は好きではなかったが、一人の少年にとって、形容し難いスリルとちょっとした背徳の匂いがそこにはあった。それがかえって勝利の興奮を増幅させたのかもしれない。

チューリップ台からハネモノへ

 たまには負ける時もあったが、チューリップ台で負けてもたかが知れていた。勝つ時もたいしたことないが、負ける時もかわいいものであった。毎回のように千円、2千円と稼いでは、それをコツコツと貯金して、一年で20万円ほどの貯蓄ができた。中学生にとっては大金である。私は不覚にも震えた。

 一年が経ち、高校受験の準備で忙しい時期にハネモノ台が登場した。はじめは怖くて手が出せなかった。ハネモノはチューリップ台と違って、千円、2千円がまたたくまに消える。今のCR機は1万円、2万円を簡単にすってしまう危険があるが、当時はハネモノすら怖かった。私はチューリップ台にこだわり続けたが、ハネモノは玉がVゾーンに入賞すると、一気に出玉が増える上、チューリップ台にはない爽快感があった。

 ハネモノは人々の射幸心を煽ると同時にゲーム好きな人を熱狂させた。ストローク調節のテクニックを駆使すれば、羽の開閉時間を長引かせることもできた。私はやらなかったが、機種によっては、予め玉にハンドクリームを塗っておくとV入賞率が高まると言われたものもあり、ゴトまがいのことを普通の人がやっていた。効果のほどはわからぬが、羽が開いた瞬間にハンドルを少し動かし、羽の先端に玉を拾わせるとVに入りやすいと信じて、そればかりを狙っている人もいた。これも実際に効果があったかどうかは疑わしいが、羽が開いた瞬間に、ある方向から台を叩き、圧力をかけることによってV入賞が容易になると信じ込んでいる人もいた。

 ともあれ、勝った時の金額が倍増したことと様々なテクニック(効果のないものも含め)が実践できるということが人々を魅了し、ハネモノはホールの新しい主役になった。その結果、チューリップ台はどのホールからも次第に姿を消していった。

 やむを得ず、ハネモノに転向した私であったが、当時、人気のあったゼロタイガーやビッグシューターをとことん研究し、気がつけば、ハネモノでも勝てるようになっていた。20万円の貯蓄は軍資金としては十分すぎた。ハネモノで勝つ時は5千円、6千円と勝てる。受験勉強そっちのけで私はハネモノにはまっていた。今のCR機は素人でも爆発さえすれば、ただ座っているだけで5万円、6万円と簡単に勝てるが、当時は数千円勝っただけで大人が小躍りする時代であった。中学生の少年にとって、数千円規模の勝利が言い知れぬ興奮をもたらしたことは言うまでもない。

ついにデジパチの時代へ

 さらに一年が過ぎた。ハネモノの次に出たのはデジパチであった。今のような確変はなかったが、オールセブンが揃うと大きな箱がいっぱいになる今思えば、この頃からパチンコのファン層が変わってきたように感じる。

 チューリップ台の頃、パチンコは頻度の差こそあれ、誰もが時折楽しむ庶民の娯楽であった。それがハネモノの出現によってゲーム性が格段に上がり、一時的にはファンを増やしたように見えたが、数千円単位で勝ったり負けたりするため、堅実な人はパチンコを打たなくなっていった。とはいえ、堅実な人ではあっても、たまにはパチンコを打ってみようという遊び心が十分に持てた時代であった。負けてもせいぜい数千円にすぎない。しかし、デジパチの出現はギャンブル好きを熱狂させた一方で多くの人々をパチンコから遠ざけてしまった事実は否めない。

 今のデジパチほどの博打性はないが、デジパチの出現はパチンコを万単位の勝ち負けのゲームに変えてしまった。当時のデジパチは確変こそなかったが、一度オールセブンが出ると、2円50銭の換金率(当時の平均相場)でも、ひと箱8千円弱にはなった。オールセブンが揃うたびに出玉を交換しなければならないホールが大半であったが、大当たり確率も甘く、何度も挑戦して当たり続ければ、結構な収入になったものである。

 高校に進学したばかりの頃の私はデジパチが怖くて打てなかった。ハネモノ以上のスピードでお金がなくなり、ハネモノと違って、いくら回ってもオールセブンが揃わなければなんの意味もない。せっかく習得したクギ読み能力もあまり役に立たなくなってしまった。よく回る台が勝てる台でもない。そのくらいのことは本能的に察知した。そして何かウラがあるに違いないとも思った。「遠隔操作」、「コンピュータ制御」といった話題が噂にのぼり始めたのもこの頃からである。

私の人生を変えた週刊誌記事


 そんな折、私の人生に決定的な影響を与える記事が『週刊宝石』誌に出た。私の行きつけのホールでは、ルーキーZという名のデジパチがあった。その攻略法が全国に流通する誰もが目にする一般誌に、なんとリークされてしまったのである。
 ルーキーZは上に一つのデジタル、下に三つのデジタルを持ち、その全てに7が揃った場合のみ当たりが発生する。『週刊宝石』には、そのリーチ目が公表されていて、7-553、7-331、7-035、5-035がそれであった。「この目が出れば、約50パーセントの確率で30回転以内に当たります」と某パチプロのコメントが紹介されていた。

 今でこそリーチ目はそれほどあてにならないが、この情報は恐ろしいほど事実であった。はじめは私も半信半疑であったが、ものは試しとばかりに最初からその出目で放置されている台を探して何度か打ってみた。そして、本当に約50パーセントの確率で30回転以内に当たった。

 当時を知らない若い世代の方は「そんなに都合よくリーチ目で捨てられている台があちこちに落ちているものか」と疑問に思われるかもしれない。しかし、ルーキーZは0から9の全ての数字が使われているわけではなかった。0、3、5、7しか使われていなかったため、数字の組み合わせも限定されていた。しかも、そのホールでは、全体の70パーセントの台がルーキーZという偏った機種の配置をしていたため、空席の台はいくらでもあった。30分も巡回を続ければ、一つくらいはリーチ目状態で放置されている台が見つかったし、2台並んでリーチ目状態で放置されていることも珍しくはなかった。(ホルコンに詳しい方は「おっ、並びだな」と独り言をつぶやいていませんか?) そんな時は一台の上皿にタバコかハンカチでも置いておいて、残りの台を攻めた。そして、うまくいかない時はスペアとして押さえておいた隣の台に移り、簡単に当てることができた。

 まだ高校生の身分にすぎなかった私はますます震えた。ルーキーZで30回転といえば千五百円か2千円の投資である。時には10回転以内で当たることもある。そして、当たれば約8千円がポケットに転がり込む!

 連日、私はリーチ目が出た状態で放置されている台を拾っては勝ちまくった。見つからない場合は打っている人を背後から観察し、リーチ目が出てすぐにやめた人の台を拾って勝った。30回転で当たらなければ別の台を攻める。時には4台連続で攻略に失敗することもあったが、次に2回連続で攻略に成功すれば、十分に挽回できた。又、自分の経験から上記のリーチ目の上段の数字が3に入れ替わった場合、それがハマリ目であることも看破した。時には、リーチ目が出た台を打つとすぐにハマリ目が出ることもあった。そんな台はすぐに捨てたため、無駄な投資を省くことができた。

栄光の時代の終焉

 しかし、こんな単純で面白い話はそう長くは続かない。雑誌で攻略法が暴かれたことと関係があるのかもしれないが、ルーキーZはどのホールからもすぐに撤去され、攻略法のわからないデジパチとハネモノだけが残った。しばらくは、ハネモノに戻って、小銭を稼いでいた私であるが、ルーキーZでぼろ儲けした栄光の時代が忘れられず、次第にハネモノでは満足できなくなった。

人は生活水準のダウンに耐えられない

 人は一度手にしたリビングスタンダード(生活水準)を落とすことができないと言われる。たとえば、一度でも洒落たマンションに住んだことのある人は、どんなに生活が苦しくても、二度と安アパートには住めなくなる。長年、車を持っていた人は、たとえ乗る機会が減っても、あらゆる犠牲を払って車を維持することに執念を抱く。実際は収入が激減すれば、贅沢も言っていられなくなるが、ひとたびリビングスタンダードをダウンさせると、人は大変な失望感と向き合って生きなければならない。

 私は仕事柄、芸能人、スポーツ選手との交流があったが、最盛期を過ぎ、あるいは引退して、今はかつてほどリッチでなくても、彼らの金銭感覚は少し普通の人とは違っていた。たいした距離でなくても決して歩こうとはせず、手を上げてすぐにタクシーを呼ぶ。外で食事を共にすると、食後は高級な喫茶店に場所を移し、お茶やケーキの飲食だけで夕食以上の勘定を支払う。

 芸能界には「アゴアシ付き」という業界用語がある。イベントなどで芸能人を招聘する時、「アゴアシ付きでお願いします」と言われれば主催者は食事代(アゴ)と交通費(アシ)を高額なギャラに上乗せしなければならない。又、芸能界には「並び」という業界用語もある。(ホルコンの並びではありません!

 たとえば、ある人のギャラが70万円とすれば、実際には源泉徴収税(10パーセント)を差し引いた63万円がその人の銀行口座に振り込まれる。ところが、「七並びでお願いします」と言われれば、777,777円という半端な金額がギャラになる。そこから源泉徴収税を引くと、ジャスト70万円になる計算である。たった一言で7万円も稼いでしまうのは解せない話であるが、すでに慣例化していることなので誰も文句が言えない。

 そのような厚遇に慣れた人々はそれが普通であると思い込んでいる。そのため、性格の良い人であってもつまらぬことで怒り出すこともある。
ある女優の話

 かつて、まだ少しは人々の記憶に名前が残っている引退女優にある仕事をお願いした時、予算の都合上、交通費は支払えたが、食事代が出せなかったことがある。ギャラは現役時代の5分の1で快諾してもらえたが、食事代(5千円払えば十分)を出す余裕がなかった。後でその人から「私は本当に惨めな思いをしました。こんな会社であれば、もう二度と仕事はしません」と三行半をつきつけられ、私は謝罪のためお土産持参で彼女が指定した高級ホテルのレストランまで足を運んだ。また怒られてはたまらないので、当然、食事代は会社の負担にするつもりでいたが、彼女は私が多忙であるにもかかわらずわざわざ指定の場所まで出向いたことに満足し、高い食事代を平然と支払った。私は「これでは、なんのためのお詫びかわかりません」と彼女の奢りを固辞したが、「いいんですよ。私はお金が欲しくて怒ったわけではありませんから」とかわされてしまった。つまり、自分が大事にされなかった(実際はそういうわけではないのだが)との思いが彼女に深い悲嘆をもたらしたのであった。

心の中での昇進

 随分と話が横道にそれたが、人は誰でも段階的なレベルアップを楽しむ習性がある。サラリーマンであれば、主任、係長、課長、次長、部長、取締役と徐々に昇進してゆくところに醍醐味がある。転職でたとえ給料が上がっても、肩書きが下がったり、権限が弱まったりするだけで不愉快に思うものである。

 パチンコも同じである。一度、デジパチで稼ぎまくった栄光の時代が忘れられず、私はハネモノなんてものは三流プロが攻略する機種であると勝手に決めつけ、デジパチ以外は打たなくなってしまった。チューリップ台のプロ→ハネモノのプロ→デジパチのプロと、心の中で昇進を楽しんでいたともいえる。

爆発機種の誕生と社会問題

 その後、CR花満開という確変機能が付いたパチンコが登場したのを機に、大工の源さん、モンスターハウスといった爆発機種が次々と誕生した。この頃から「パチンコ依存症」という言葉が生まれ、パチンコに負けてサラ金地獄に落ちる人、配偶者に愛想をつかされ離婚の憂き目に遭う人、そこまでひどくはなくても、給料の大半を連日のパチンコですり減らし、なんのために働いているのかわからない人などが珍しくなくなった。それが大きな社会問題となり、かつての庶民の娯楽が悪いものの代名詞のようになってしまったのは残念でならない。

 一時期は人々の射幸心を煽らないためという理由から連荘の上限は5連荘までという理不尽な規制もあった。しかし、こんな規制を始めたところで、世の中の流れは変えることができない。5連荘制限もやがて撤廃され、どのホールも次第にアツイ鉄板と化し、人々の悲喜こもごもの舞台と変容していった。

攻略研究の開始!

 もうハネモノに戻る気力は完全に失せていた。いつしかハネモノも時代遅れの斜陽機種に成り下がっていた。メーカー各社がどんなに工夫を凝らしても、運さえ良ければ、500円が1時間で5万円に化けるCR機の魅力を超えるハネモノ機など開発できるわけがない。

 海物語シリーズの元祖、CR海物語が出た頃から私は「海」しか打たなくなった。(※その後、紆余曲折を経て、現在は何でも打つようになりました)「海」に勝つためにホルコンの研究もした。しかし、ホルコンの知識だけでは収支は格段に上がっても爆発しなければ、たいした儲けにならないばかりか深追いすれば負けてしまう。

 私は次第に爆発狙いの研究に全てのエネルギーを傾注するようになった。そして、最終的にはホルコン攻略と爆発狙いの攻略を併用するしか勝ち目がないという結論に達した。そして、連日のように勝ちまくり、パチンコ収入が本業収入を超えるまでになった。当初は筆舌に尽くし難い苦労があったが、何事も精進を続ければいつかは花開くことを信念に前進を続けた自分がいた。

 私の所属するパチプロ集団、リヴィエラ倶楽部の切り札、最強攻略法・海殺しXはたゆまぬ努力と反省の繰り返しから生まれた、血と汗と涙の結晶であり、またの名を「夢の翼」という。

夢の実現は幸せの第一歩

 富だけで人は絶対に幸せにはなれない。築いた富を自分の夢の実現のために用いてはじめて幸せになれる。厳密に言えば、それでも完全な幸福にはほど遠い。これが富の限界なのである。人を幸せに導く友情、恋愛、家族愛などは富とは無縁のものである。富こそが人に幸福をもたらすものと考えるのは拝金主義者の妄想にすぎない。だが、 お金に全く興味を持たないロマンチストにも大きな見落としがある。夢の実現は幸福の一翼を担うものと知りながら、夢の実現と富との間に存在する、切っても切れない関係を彼らは直視しようとしない。

 薄暗いカフェバーの片隅で、ただひとり酒を飲んでいた私は900円を儲けて得意がっていた生意気な少年時代の日々を追懐していた。もしあの時の興奮がなければ今の自分はなかったと断言できる。そして、『週刊宝石』のあの記事に出会っていなければ、ハネモノの衰退とともにパチンコをやめていたに違いない。

 たった900円儲けただけの興奮と『週刊宝石』の記事。この二つの出来事が一人のパチプロを生み出した。人生は不思議な形で転機が訪れる。

ネバーギブアップ

 将棋の故・米長邦雄永世棋聖は幼い頃、まぐれで大人を将棋で負かし、「坊や、君は天才だ。きっと名人になる」と言われたという。当時の米長氏は将棋のルールを覚えたばかりの超初心者にすぎなかった。その米長氏に負かされた大人はどうしようもないほど弱かった。超初心者に負けてしまう人物に他人の才能を論じる力などあるはずもない。しかし、子供は純情である。米長氏は大人の戯言を真に受けて、「プロになれば名人になれる」と本気で信じたという。その後、めきめきと頭角を現した米長氏は本当にプロになってしまった。これだけでも十分に面白い逸話であるが、事実は小説よりも奇なり。米長氏は棋士としてのピークをとうに過ぎた49歳の時、7度目の挑戦でついに悲願であった名人の座を射止める。史上最高齢での名人奪取はマスコミの大絶賛を浴びた。何事も決して最後まで諦めてはならない。

 もしあの時、大人の戯言がなければ・・・運命とは数奇なものである。

リヴィエラ倶楽部 佐々木智親
(最強攻略法・海殺しXの開発者)

最強攻略法・海殺しXのHP
55e25798c9c8e6b02e5d01ec21e03065_t.jpeg

New→
海殺しX、大海物語4で大爆発!